ハメスはバイエルンの中でも高給取り

写真拡大

ハメス・ロドリゲスはレアル・マドリードからバイエルン・ミュンヘンへ2シーズンのローン移籍をしている。そして、同選手の年俸は650万ユーロ(約8億3,000万円)であると『Football Leaks』が報じている。
つまり月給約7,000万円であり、これは全て税金等が差し引いた金額であるため、バイエルン・ミュンヘンでもトップクラスの高額給料である。

【関連記事:ハメス離婚 結婚生活に終止符】

なお、この金額には12ゴール以上決めたら25万ユーロ(約3,200万円)、12アシスト以上でも25万ユーロというボーナスの部分も含まれる。

マドリーとの契約上、バイエルン・ミュンヘンは合計1,300万ユーロ(約16億6,000万円)の2年間のローン費用を支払う必要がある。

また、もしローン移籍が終わる2019年以降にハメスを保持したければ、4,200万ユーロ(約61億円)をバイエルン・ミュンヘンは支払わなければならない。

加えて、バイエルン・ミュンヘンはハメスの代理人であるジョルジュ・メンデスにマネジメント費用として200万ユーロ(約2億5,600万円)を支払わなければならない。