いまなお内戦の続くコンゴ共和国のバコンゴ地区に、カラフルなハイブランドスーツを身にまとい、世界中に平和のメッセージを届ける『サプール』と呼ばれる紳士たちがいます。

彼らの大半はサトウキビやパーム油、木材、家畜などの農畜産物を育てながら生活。月給は3万円程度と、決して高いものではありません。

何か月分もの収入をつぎ込みながら、彼らはハイブランドのスーツを着ています。それは『紳士であること』に重きを置きながら、ファッションを通して平和のメッセージを発信するため。

彼らは「服が汚れるから戦わない」「オシャレしていると社会は平和になる」という、極めてシンプルな哲学とメッセージを持っているのです。

そんなサプールたちを撮影し続けている写真家・SAP CHANOさん。彼の写真200点以上を、ムービー映像と共に展示する『THE SAPEUR サプール写真展』が、2017年9月7日から大丸・松坂屋で開催されます。

9月7〜10日の期間には、長くサプールとして活動し、大サプールと尊敬を集めるゼブラン・ムイエンゴさんが来日する予定です。

90年以上の歴史を持つサプールたちが、ファッションに込めた平和へのメッセージ。会場に足を運んで、オシャレだけではない彼らの主張を、ぜひその目で見て感じてみてください。

THE SAPEUR サプール写真展 〜平和をまとった紳士たち〜

期間:2017年9月7日〜18日
場所:大丸心斎橋店 北館14階イベントホール
時間:10:00〜20:00 最終日は17:30まで
巡回会場:
松坂屋 名古屋店:2017年9月13日〜25日/南館1階オルガン広場
大丸 東京店:2017年9月28日〜10月10日/11階催事場
大丸 札幌店:2017年10月18日〜30日/7階ホール

©SAP CHANO

[文・構成/grape編集部]