マンU、“条件付き”で守護神デ・ヘアの来夏レアル移籍を容認か

写真拡大

 マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督が、スペイン代表GKダビド・デ・ヘアの来夏レアル・マドリード移籍を条件付きで許可するようだ。イギリス紙『メトロ』が18日付で報じている。

 その条件とは、「ミランに所属するイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマの獲得が保証された場合にはデ・ヘアの移籍を許可する」というものだという。

 今夏の移籍市場でもこの“玉突き移籍”が実現する可能性も報じられていたが、ドンナルンマがミランとの契約を更新し、残留の意思を固めると、デ・ヘアのレアル・マドリードへの移籍話も徐々に消滅していった。

 しかし先日、レアル・マドリードがデ・ヘア獲得に再び興味を持っていると報じられた。今夏の移籍は否定したモウリーニョ監督だが、新たな若き守護神を長期的視野で獲得することを望み、それに伴いデ・ヘアの移籍も容認する姿勢だという。

今年7月にはデ・ヘアについて「どこにも行かない」と移籍を完全否定したモウリーニョ監督だが、どちらが真意なのだろうか。