岩田剛典、黒木啓司、鈴木伸之

 映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』の初日舞台挨拶が19日、都内でおこなわれ、岩田剛典、黒木啓司、NAOTO、町田啓太、鈴木伸之、関口メンディー、中村蒼、山田裕貴が登壇。撮影の舞台裏などを明かした。

 映画は、EXILE HIROが企画プロデュースするエンタテインメント「HiGH&LOW」の新作。2016年に『HiGH&LOW THE MOVIE』『HiGH&LOW THE RED RAIN』が公開されている。本作は「SWORD」地区と呼ばれるエリアを舞台に、覇権を争う男たちの闘いと友情が描く。舞台挨拶は19日・20日、全国8カ所でおこなわれる。

 試写終了後におこなわれた舞台挨拶に8人が登場すると、2階席まで満員の会場が沸いた。岩田は初日を迎え「こうして初日を迎えることができて本当に万感の想いです。自分達が魂を込めて作った作品ですので、皆さんの元に届く事を待ち望んでました」と挨拶した。

岩田剛典

 鈴木は「撮影中に岩田さんの誕生日をホテルでお祝いしたんですよ」とエピソードを明かした。当の岩田は「北九州のホテルに1人で寂しい誕生日だなと思っていました。そうしたら真っ暗な部屋に呼び出されて、灯りが付いたら皆いたんですよ」と感激した様子のコメント。

 イベントの最後に岩田は「ご来場のみなさま、短い時間でしたがありがとうございました。今年の夏は『HIGH & LOW』旋風を巻き起こしたいと思ってます。自分達もどんどん盛り上げていきたいと思いますので、今日からよろしくお願いします」と意気込み。

 黒木は「また新しいキャストも増えて、ひとりひとりが主役。ひとりひとりにスポットを当てて、最低60回は観て頂きたいと思います。よろしくお願いします」とメッセージを送った。

 【取材・撮影=小池直也】