FCバルセロナでのプレーを望むコウチーニョ

写真拡大

FCバルセロナはリバプールに所属するフィリペ・コウチーニョ獲得を目指している。バルサはコウチーニョへのオファーを1億3,000万ユーロ(約166億9,000万円)に引き上げたものの、未だにリバプールは首を縦に振っていない。

【■関連記事:伝説 パウリーニョ加入を祝福】

英国メディアはリバプールがこの1億2,000万ユーロ(約153億円)+出来高1,000万ユーロ(約12億8,000万円)のオファーを拒否したと報道している。

コウチーニョの代理人がバルサとリバプールの間に入り、移籍に向けて調整をしている。リバプールは増額を求めているためバルサはさらなる額を支払う準備をしている。

コウチーニョ自身はすでにリバプールでプレーしないという決断を下しており、プレミアリーグの第2節となる土曜日のクリスタル・パレス戦にも出場しない。コウチーニョはブラジル代表としての試合に向けて母国に帰る前の来週には契約合意に至ると考えている。