川澄奈穂美インタビュー【前編】

 シアトル・レインのホームであるメモリアルスタジアムでそのプレーを一目見た瞬間、彼女の”今”が充実していることがわかった。


アメリカNWSLのシアトル・レインで活躍している川澄奈穂美

 川澄奈穂美――その確かな戦術眼を武器に、ときにストライカー、ときにサイドアタッカーとして、なでしこジャパンに貢献してきた。所属していたINAC神戸レオネッサでも生え抜きとして象徴的な存在であった彼女が、新たな挑戦の場として選んだのがアメリカNWSL(ナショナル・ウーマンズ・サッカーリーグ)のシアトル・レインだった。2014年3月にレンタル移籍をしてNWSLを体感したのち、2016年に完全移籍の道を選んだ。

「アメリカというより、海外に行きたいと思ったのが2013年シーズンの初め頃、何かきっかけがあったというよりは、『来年はアメリカにいる』と思った自分の感覚を信じました」(川澄)

 日本での環境にマンネリを感じていたわけではなかったが、INACで出場機会が減っていたこともあった。何より自分を必要としてくれているところでプレーしたいと願うのはプロとして当然のこと。2014、15年とレインは2年連続でレギュラーシーズン1位(NWSLシールド賞)を獲得し、ステファニー・コックス、メーガン・ラピノー、キーリン・ウィンターズといった有力選手たちとともに、川澄もベストイレブンに選ばれる快挙を遂げた。アーセナル・レディースの監督やイングランド女子代表のアンダーカテゴリーでコーチを務めるなど経験豊富なローラ・ハービー監督のもと、2012年創設の若いチームは着実にチームカラーを構築していった。

「アメリカ人って、もっと大味なプレーをするのかと思っていたので、一緒にプレーしたときはうまい!と思いました(笑)。監督のローラは戦術的だし、日本人の自分でも生き残れるスタイルでした。ローラはすごく日本人をリスペクトしてくれるし、当初から細かい指示はなく、自分のプレーをすれば、それが評価につながるという感じでした」

 昨シーズンは5位に終わったレインが巻き返しを狙う今シーズン、リーグ中盤戦に差し掛かった今、粘り強い戦いを見せている。現在、第18節を終えて7勝5敗6分の4位。十分に頂点を狙える位置につけているが、上位下位ともに勝ち点差が詰まっているため、連勝や連敗があれば順位は乱高下する。一時も気を抜くことができないこの状況を川澄は心から楽しんでいる。

「毎試合が決勝戦みたい! ひとつ落とせばプレーオフ圏外になるし、モノにできれば順位は上がる。リーグ戦で毎回こういう緊張感の中で試合ができるのは刺激になっています」

 ホームとアウェーでゲームの雰囲気が全く異なるのもアメリカのエンターテインメント性なのかもしれない。どれだけ分析しようとも計算が立たない、キックオフしてみなければわからない――それも面白いという。順位だけでは試合展開が測れないのもNWSLの特長のひとつ。たとえ何点、差が開いていようとも、数分間で逆転するというケースはザラにあるのだから、観客も最後まで目を離せない。

 3年という月日を経て、川澄はチームに欠かせない存在となっていた。アメリカ代表のスター選手でもあるラピノーとは左右サイドの対極にいながらコンビネーションプレーで互いの好機を作り合う。トップのセンターにいるのはINACでもプレーしていたべヴァリー・ヤネズ。川澄のクロスに合わせる際、自身の得意とするニアコースをケアするヤネズの動きを見ていれば、その信頼関係は一目瞭然だ。


 まだまだ、アメリカの地で自身の伸びしろを感じるという川澄奈穂美

 ケガ人を抱えたチームは最終ライン、中盤に若い選手を起用することも多く、「レインの選手はまだ試合の流れを読む力が薄いと思うので、状況判断ができていなかったり、今どういうプレーが必要なのか、ボールを落ち着かせるのか、相手を裏返した方がいいのか、そういう判断は自分の中で大事にしています」と話す。

 こういうところは日本でのプレーとなんら変わるところはない。

「自分のよさをここで出せなければ、生き残っていくことはできません。だから土台は変わることはありません」

 その上で、アメリカだから”選択”するプレーも出てくる。そのひとつが彼女の全力ダッシュ。日本であれば、そこまでのスピードを出さなくてもパスに追いつくことができるが、レインでは100%出し切ってようやく追いつく。右サイドの川澄がいつも余裕を持ってプレーしているように見えるのは、ボールを受け取ることができる場所を見極める目と、そのポジションへの全力ダッシュの賜物だ。時には最終ラインまで下がって守備をし、次の場面では最前線でボールに絡む。まるで新人選手であるかのようにピッチを駆け回っている。

「それ、私も思います(笑)。若手みたいだなって。まだ自分に伸びしろを感じることができるってうれしいことです」

 もともと縦への推進力は川澄の得意分野だが、アメリカの縦サッカーはスピードが比較にならない。実際、チームメイトである宇津木瑠美はその高い技術を駆使して何本ものフィードパスを繰り出す。川澄の場合は逆に受け手として縦のパスに順応している。そのほとんどが宇津木以外、つまりはパワーのある選手たちからの縦パスを受けており、それがオフサイドになることは少ない。日本人としては何ともうらやましい縦に抜けるプレーをなぜ、川澄はできるのか。

「そもそも(パスの)出し手の選択肢がDF裏というのが日本との絶対的な違いです」

 パスの先を探した後に出す縦パスではない。出てくるパスが消去法ではないため、時間のロスがないということだ。そんな共通意識があれば、日本人のフィジカルでも縦パスは通る。川澄のプレーはそれを証明していた。そのスタイルにフィットするには自分が合わせるしかなかったのだという。

「でも瑠美とナホのときは、日本人らしくなります(笑)。ラピノーには厳しめのパスを出す瑠美も私には優しいパスを出すんです。まあラピノーに出すパスを私にくれても厳しいんで(笑)」

 今シーズン、7つを数えるアシストはもちろん、リーグトップ。自身も4ゴールを挙げている。これらの数字の根底には、彼女の縦サッカーに対応した絶妙なポジショニングがある。出し手にも受け手にもなるからこそ川澄には”見える”のかもしれない。そのポジショニングを生かすのが中距離の速いパスだ。

「1回ボールを止めてまで綺麗なパスをくれるより、ズレていてもちょっと浮いちゃってもいいから早めに欲しいんです。自分で何とかするから(笑)。3回触られてくるすごくいいパスよりは、10センチ浮いていても2回目のタイミングでくれた方が断然いいんです」

 アメリカ人選手とのフィジカルに差を感じるため、相手が来ないうちに仕掛けに入りたいと思う日本人らしい川澄の感覚が、レインの攻撃に新たな展開をもたらしている。経験からくる試合を読む目と、チャレンジャーとしてのフレッシュな感覚とが、いい塩梅(あんばい)に融合されているのが今の川澄のプレースタイル。まだまだ伸びしろは広がっている。

(後編につづく)

■なでしこ 記事一覧>>