ルカクの代役はD・コスタ? エヴァートン指揮官が獲得に関心を示す

写真拡大

 エヴァートンのロナルド・クーマン監督が、チェルシーからの退団を希望しているスペイン代表FWジエゴ・コスタに対して加入を歓迎するコメントを残した。スペイン紙『アス』が18日付で伝えている。

 D・コスタを巡っては、指揮を執るアントニオ・コンテ監督が同選手に対して戦力外とする旨を伝えており、今夏の退団が予想されているところだ。同選手は古巣であるアトレティコ・マドリードへの復帰を望んでいるが、同クラブが今夏の移籍市場で補強禁止処分を受けていることもあり、実現には至っていない。

 そんな中、エヴァートンを率いるクーマン監督がこの件について言及。アトレティコ・マドリードの補強禁止処分が解かれる来年1月までの短期レンタルを含めて関心があることを示唆している。

「もちろん、将来のために選手と契約することを好むだろう。でも、最高の選手を獲得できるとなればどうだろうか? それが6カ月だろうと、1シーズンだろうと、2年だろうとね」

 エヴァートンは今夏の移籍市場でベルギー代表FWロメル・ルカクをマンチェスター・Uに放出しており、その代役としてD・コスタ獲得に動いても不思議ではない。今後の動向に注目が集まる。