ヴェンゲル監督、期待の新戦力コラシナツを称賛「おそらく最強」

写真拡大

 アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督が、今夏シャルケから同クラブへ加入したボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツを称賛した。イギリス紙『デイリーミラー』が伝えている。

 8月6日に行われたFAコミュニティシールドのチェルシー戦で同点ゴールを決め、プレミアリーグ開幕戦でもスタメンで出場するなど、早くもアーセナルで大人気のコラシナツ。そんな同選手のプレミアリーグでの活躍を同クラブのヴェンゲル監督が確信しているようだ

 まずコラシナツについて「彼はおそらく(私が一緒に働いた選手の中で)最強だ」と語ると、「彼はナチュラルに強い。暴力とかはなしで身体の力をかなり使うんだ。身体の力がすごいだけだからファウルに見えないんだよ。これはプレミアリーグに適応するために重要な素質だと思う。そして走り続けれられる能力があるんだ。試合の最後の3分の1でも走り続けていられるから、かなり危険な選手だと思うよ。魅力的なドリブルラーではないかもしれないけど、走りの質は素晴らしい。彼がプレーするとき、試合に幸福をもたらしてくれるだろうね」と言及。同選手の素質を称賛した。

 そして「私は彼を見てすぐに素質があると思った。だから彼に会ってみたんだ。そうしたら彼は良い精神でとても良い態度だった。私たちが思い浮かべる理想的な選手だったんだよ。彼との契約は素晴らしいバーゲンだ。こういう契約をもっと見つけたいね」とコメント。フリーで獲得した同選手を誉めちぎった。

 19日のプレミアリーグ第2節で、アーセナルはアウェイでストークと対戦する。