2018年後半にも発売予定としているジャガー初の電気自動車であり、パフォーマンスSUVという位置づけの「I-PACE(アイ・ペイス)。

そのコンセプトモデルが、「第16回 北米コンセプト・カー・オブ・ザ・イヤー」において「Most Significant Concept Vehicle of 2017」を獲得しました。さらに、全体の最高得票を集め、「Production Preview Concept of the Year」も受賞しています。

このアワードは、米国カリフォルニア州で開催された「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」で発表されたもの。

次期BMW Z4のコンセプトモデルも披露された「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」は、自動車業界の方向性を示すことでも知られていて、20人以上の審査員によって、ロサンゼルス、デトロイト、シカゴ、トロントおよびニューヨークの各モーターショーで発表された計24台のコンセプトカーの中から投票で選ばれます。

審査員のアシュリー・クナップ氏は、その美しく未来的なデザインからジャガー「I-PACE コンセプト」を「自動車技術におけるランドマーク」と評したそうです。同じく審査員のローレン・フィックス氏は「ジャガーはこれまであらゆる方法でブランドを成長させてきたが、このI-PACE コンセプトは新しい方向性を示している」と評価しています。

ジャガー初のEVであり、パフォーマンスSUVでもある「I-PACEコンセプト」は、電動化によるパッケージングの自由度を最大限に活用したモデルで、冒頭で紹介したように2018年後半に発売予定。

ジャガーのデザイン・ディレクターであるイアン・カラム氏は「我々の挑戦は、ひと目で間違えなくジャガーだとわかる、そして実用的であることはもちろん、視覚的にもドラマチックなEVをデザインすることでした。I-PACEコンセプトでこれらを実現し、美しくかつ魅力的なEVとして、トレンドの最前線にあると自負しています」とコメントしています。

(塚田勝弘)

ジャガー初のEV「I-PACE コンセプト」が、「北米コンセプト・カー・オブ・ザ・イヤー」で最優秀賞を受賞(http://clicccar.com/2017/08/19/502409/)