釜山の出版社の人たちと

写真拡大 (全2枚)

「韓国の中高生の前で話をしてもらえませんか」。ジャーナリスト・森健氏は7月、突然そんな申し込みを受けた。招聘したのは釜山に本社を置くリベラル系出版社。冷え込んだ日韓の政治関係の中で、韓国の若者たちとの対話は明るい未来を予感させるものだった。森氏の「ジャーナリストレポート・釜山の若者との対話」を3回に渡ってお届けする。第1回は若きリベラリストたちの本音、である。

 * * *
「むずかしいかなと心配ながら聞くんだけど、来月の前半、釜山に来られる時間ある?」
 
 英文でそんなメールが届いたのが今年6月前半のこと。

 英ケンブリッジ大で哲学を専攻しているパク・ヨンジュンからだった。聞けば、7月前半に釜山で中高生を対象とした連続講義の「キャンプ」があり、その講義に私に出てほしいという話だった。しかも7月に2回。

「できれば、7〜8日と、翌週の14〜15日の2回。忙しいとは思うけど、どうだろ?」

 カレンダーにはどちらの日にも「締切」マークが付いていたが、すぐに「いや、とにかく行くよ!」と返信した。

 ヨンジュンとその仲間に会うのも魅力的なら、釜山の子たちと話す機会があるのも興味深い。こちらこそ喜んで駆けつけたいところだった。

 ヨンジュンが本来所属しているのは、韓国・釜山に拠点を置く出版社「インディゴ書院」。彼は季刊誌「INDIGO」の編集長でもある。

 3年前の2014年夏、突然彼からメールがあった。

 彼は「あなたの本を読んで、連絡しました」として、8月の半ばに、釜山でインディゴ書院主催の大きなイベントがある。そこで講演をしてくれないかという話だった。なぜ私なのだろうと思ったが、その理由はこの年に起きた痛ましい事件にあった。

 この年の4月、韓国では修学旅行中の高校生300人近くがなくなるセウォル号沈没事故が起きた。避難に伴う運営側の不手際が多くの犠牲につながったセウォル号は明らかに人災だった。ただ、突然の大量死という点では、大規模な死者が出る自然災害にも似ている。痛ましい大量死を前にヨンジュンらの頭に浮かんだのが、日本の東日本大震災だった。あの震災の悲劇を日本人はどのように乗り越えていったのか、中高生や大学生たちはいちどきに大勢なくなった事態をどう受け止めるべきなのか──。そう考えているときに、韓国で出版されていた私の著書『「つなみ」の子どもたち』を読み、私に聞いてみようと考えた、という次第だった。同書はあの震災で被災した家族を描いたドキュメントだった。

 何度かメールを交わし、また、渡航前にはSkypeでも話してみると、非常に気が合うことがわかり、行くことを決めた。

 ただ、そのとき、すこしだけ気がかりだったことがあった。3年前の釜山でのイベントでは、開催日が8月14日、15日。日本の終戦記念日、韓国でいう光復節(独立記念日)にもあたっていたためだ。

 2014年8月14日、空港に迎えに来てくれたのは、ヨンジュンとインディゴ書院の設立者のフア・アラムさん、そして通訳のリ・ソヨンさん。釜山市内に向かう車の中、楽しく会話を交わす中で、気になっていた質問をしてみた。今日と明日の講演で、それに先立ってまずわれわれの歴史的なことにも触れるべきかどうか。

 すると、3人は「え、それはなぜ?」と驚いて聞き返した。こちらも素直に応じた。だって、明日は日本で言う終戦記念日ですよね、ならば……と話したところ、3人は「えぇっ」と驚き、クスクスと笑った。

「僕らも参加者も、そんな問題について話をしたいわけじゃないですよ!」

 その言葉に、思っていた以上にリベラルな人たちなのだとわかった。

 だが、彼らの事務所に着いて、その活動に触れてみると、リベラルぶりは筋金入りだと知らされた。

 季刊誌「INDIGO」はA4変型の平綴じで機内誌のようなつくりだ。写真のクオリティーも高く、レイアウトデザインも美しい。ただし、その中身は機内誌のように軽くない。

 たとえば巻頭インタビューで出てくるのは、反資本主義などを考察するスロベニアの哲学者スラヴォイ・ジジェク、国家資本主義などを批判する米国の哲学者ノーム・チョムスキー、2014年のノーベル平和賞を受賞したパキスタン出身のマララ・ユスフザイ、グローバリズムや液状化社会などを指摘したポーランド出身の社会学者ジグムント・バウマン(今年1月逝去)、そして日本人では評論家の柄谷行人が特集されたこともある。一言で言えば、哲学者や人道主義の活動家が大きな柱になっている。

 そんな誌面のテーマとなっているのは、グローバリズム、市場原理主義、経済格差、宗教対立、教育格差、排外主義など世界のいたるところで起きている社会問題。具体的な事件や事象に触れながらも、それらがどんな背景をもち、なぜそんな問題が起きているのかを問いかけていくようなスタイルだ。

 非常に専門的な質問もある一方で、誰でも抱くような一般的な質問もあるのがINDIGO流で、そのハイブリッドのような感覚が本をおもしろくさせていた。

 なぜこんなプロとアマが一緒になっているような質問や構成になっているのか。

 尋ねてみると、INDIGOのおもしろい仕組みもわかった。INDIGOの編集チームは泰斗のもとに5〜10人のチームで向かい、インタビューをしていたのである。その手法自体、聞いたことがないやり方だ。

「なぜって? そのほうがおもしろいじゃない」

 わけを尋ねると、ヨンジュンはニッコリしながら答えた。

 この年行った講演会場は釜山国際展示場(Bexco)という幕張メッセのように大きな会場だった。

 インディゴがおもしろい団体だと思ったのは私だけではなかった。

 翌2015年夏、東京大学大学院情報学環・学際情報学府で、佐倉統教授、水越伸教授らとともに、メディアに関する議論を行った。その際、話がいま世界で注目すべきメディアという話題に及ぶと、そこでメディア論を専攻する水越教授があげたのが「INDIGO」マガジンだったのである。

「ここの取り組みは非常におもしろいと思うんです。世界の問題に哲学的なアプローチであたっているのが非常にユニークなんですよね」

 そう言って、院生に向かって「INDIGO」の紹介をした。こんな場で話が出たのは、私にとっても驚きだったが、さすがに水越教授の解説はしっかりと的を射ていた。

 その解説のあとで、インディゴに昨年呼ばれて、釜山に行ってきたんですと水越教授に言うと、「えっ、ほんとに?」と今度は水越教授のほうが驚く番だった。

 そんな団体に、今年の夏も呼ばれ、釜山に向かったのだった。

(第2回は釜山のトランプタワー)

《森健氏プロフィール》
1968年1月、東京都生まれ。早稲田大学法学部卒業。在学中からライター活動をはじめ、科学雑誌、 経済誌、総合誌で専属記者を経て、フリーランスに。2012年『「つなみ」の子どもたち』で第43回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。2015年『小倉昌男 祈りと経営』で第22回小学館ノンフィクション大賞の大賞を受賞。2017年、同書で第1回大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞を受賞、ビジネス書大賞2017で審査員特別賞を受賞。