「名刺交換しただけで友達申請」ってセクハラ? おっさんがやりがちなSNSでのNG行動

写真拡大

◆SNSならOKと距離感を間違える中高年が続出!

 SNSの普及により、ネット上でも会社の人との付き合いが発生しがちな昨今。女性200人に調査したアンケート(※)でも「サービスショットの要求」(72pt)、「半裸写真や、局部のかたちがはっきりわかるランウェア姿の写真など、微妙に卑猥な写真をアップ」(62pt)、「ディナーや旅行の投稿に『彼氏とですか?』のコメント」(64pt)など、リアルでやったら嫌がられて当然のことを、SNSで気が大きくなってやってしまうパターンは当然レッドカードだ。

「男性的にはかまってあげていると思っているのがウザいし、相手にするのも面倒。SNSで距離感を見誤る中高年はかなり多いと思います」(25歳・製造)と、手厳しい意見が多数寄せられた。

 直接的なものではなくとも、女性が間接的セクハラと感じる投稿もある。例えば痴漢絡みの線路逃走事件が近頃増えているが、「女性の痴漢被害のニュースを引用RTして、自己責任論を投稿」は、93ptとかなりの高ポイント。

「普段優しい上司が『露出度の高い服装の女も悪い』『誘ってたと思われても仕方ない』と投稿していて、一気に嫌いになった」(28歳・金融)

 自分の「持論」が結果的にセクハラになるという意味では、「『ババア』『ブス』と、女性政治家を政策とは関係なく容姿で批判」(83pt)も同じだ。

「豊田真由子議員や上西小百合議員は、私も言動に問題を感じるけれど、『とっとと辞任しろブス!と言うのは、小学生のイジメのようだし、容姿を批判している時点でアウト」(30歳・保険)

 また、リアルでは絶対しないようなストーキングじみた行為は、思った以上に怖がられている。

「FBで友達になるやいなや、過去の投稿に遡っていいねを乱打」(68pt)は「本人的には好意のいいねなんでしょうが、過去を探られている感じは無神経でスゴく気持ち悪い」(28歳・IT系)のだ。

 ギリギリでイエロー判定ながら「タグ付けされている同僚女子の女友達に面識もないのに友達申請」も58ptと半数以上がNG。「友達から『あんたの上司から友達申請きたけど、断っていい?』とメッセンジャーが来て、心底ゾッとした……」(24歳・SE)と、見知らぬ中高年の気軽な友達申請は恐怖でしかないと肝に命じたほうがよさそうだ。

 逆に「名刺交換しただけでほとんど話してないのに速攻友達申請してくる」は18pt程度でセーフなので、面識があれば一応問題なし。くれぐれも適切な距離感を見誤らないように気をつけたいところだ。

<セクハラ検定SNS編>

●レッド
・女性の痴漢被害のニュースを引用RTして、自己責任論を投稿 93pt

・「ババア」「ブス」と、女性政治家を政策とは関係なく容姿で批判 83pt

・酔って羽目を外した半裸の写真など微妙に卑猥な写真を投稿 78pt

・女性が海や温泉から投稿しているとサービスショットを要求 72pt

・FBで友達になるやいなや、過去の投稿に遡っていいねを乱打 68pt

・女性のディナーや旅行の投稿に「彼氏とですか?」とコメント 64pt

・会社の人と繋がっていると知っていてきわどい画像をRT 62pt

●イエロー
・タグ付けされている同僚女子の女友達に面識もないのに友達申請 58pt

・女性が手料理の写真をアップしていると男へのアピールと決めつける 46pt

・独身女子が猫の写真を投稿すると「独身が猫飼ったらおしまいw」 46pt

●セーフ
・女性が男っぽい趣味の投稿をしていると男の影響だと断定する 28pt

・名刺交換しただけでほとんど話してないのに速攻友達申請してくる 18pt

※20〜40代女性200人にインターネット調査した結果を不快指数としてポイント化。60pt以上をレッドカード、30〜59ptをイエローカード、29pt以下をセーフとした。
― セクハラ検定2017 ―