目黒シネマ・支配人が語る劇場カラーの作り方 「映画体験をさらに豊かにするために」

写真拡大

 JR目黒駅から徒歩3分、目黒唯一の映画館として半世紀以上にわたり愛され続けている映画館・目黒シネマ。昭和30年から前身である「目黒ライオン座」「目黒金龍座」として看板を掲げ、昭和50年に「目黒シネマ」としてリニューアル。近年では、劇場スタッフのコスプレやオリジナル館内装飾、そして魅力的なラインナップで多くの映画ファンから注目を集めている。

 このたび、リアルサウンド映画部では、支配人の宮久保伸夫氏にインタビューを行った。いかにして現在の“目黒シネマ”が作られたのか? これまでの取り組みや、映画館で映画を観る醍醐味まで、熱く語ってもらった。

■最初に取り組んだのはマイナスをゼロにすること

--目黒シネマは数ある映画館の中でも強い“個性”を持っていると映画ファンの間で話題となっています。その“個性”をどうやって宮久保さんは作られてきたのでしょうか。

宮久保:目黒シネマの“個性”を担う要素としては、スタッフのコスプレ、展示物、そしてトークイベントが三本柱となっていると思います。番組編成に関しても、新作の組み合わせのほかに、チョイスシリーズというプログラムが3つあります。1つ目は、「目黒シネマ名作チョイス」。私がお客様に観ていただきたい組み合わせで、最近では『GO』と『ピンポン』の窪塚洋介さんの特集を行いました。2つ目は、「自作と観る監督チョイス」。監督の新作に対して、自分の作品とどんな作品が合うか監督自身に選んでもらうという贅沢な2本立てです。これまで、是枝裕和監督、大根仁監督、山田洋次監督、猖椰弧藉篤帖宮藤官九郎監督と錚々たる方々に参加していただきました。そして3つ目は、「俳優チョイス」。これはまだ一回きりなんですが、田中要次さんに自身が俳優になったきっかけの作品2本を選んでいただきました。この劇場で仕事をするようになってから18年が経ちましたが、少しずつ工夫を重ねながら、“目黒シネマ”という独自のカラーを作ることができたと思います。

--現在の目黒シネマになるまでにはどんな経緯があったのでしょうか。

宮久保:私が来た時は、経営的にも厳しく、スタッフも高齢化していて、どこか元気のない空気があったかもしれません。地下にあるということもあり、劇場全体が暗く、古い映画館でした。今は、地上から階段で降りてきていただいて、劇場入口には、公開中、次回作のポスターが並び、何が上映されているかひと目で分かるようになっています。が、当時は入口に自販機がズラッと並んでいて、何が上映されているのかも非常にわかりづらかった。ライトに関しても、どうせ1日数人しか来ないのだから、暗くてもいい、という考え方で。赤字経営が続いていたので、改装をしたくてもお金をかけることはできない。そこで、スタッフ自らペンキを塗ったり、床を張り替えたり、配置を変えてき、劇場を明るくすることから取り組んでいきました。最初はプラスを生むことよりもマイナスをゼロにすることが大変でした。

--それに大体何年ぐらい?

宮久保:8年ぐらいでしょうか。プログラムも今のスタイルに変えていったこともあり、お客様にも変わろうとしている変化を感じていただいていたと思います。そして、なんといってもプログラムですね。プログラムの変化にも気付いていただいて、少しずつお客様の数が増えていきました。

■“手作り”が目黒シネマのひとつの個性

--私が初めて目黒シネマに訪れたのは2006年頃でしたが、その時点では現在のベースが出来上がっていたように思います。

宮久保:そうですね。ちょうどその頃から今度はプラスを作っていこうと動きはじめました。劇場の個性をいかにつけていくか。プログラムはもちろん、ここでしか体験できない劇場作りを考えていきました。

--初めて訪れたときに印象的だったのは、次回鑑賞割引券もついた手作り番組表です。

宮久保:昔はチラシを製作する予算も認めてもらえなかったり、番組が決まるのが上映ギリギリだったりするんです。それに上映作品が変更になった場合、チラシなどの刷り物だと使用できなくなってしまうこともある。それならば手作りだったら修正も簡単、という考え方で始めたんですが、それが面白くなっていって。一時期は、調子に乗って、上映するイラストのほかに、その作品に見合う“詩”を探してきてあわせて載せていました。お客様は喜んで下さっていたと思うのですが、会社からは注意されましたね(笑)。現在は絵を書くのが得意なスタッフもいるので、番組表は任せてしています。映画が好きで上映する映画のことを伝えたいと思ってくれるスタッフがいる。それは非常に有り難いです。もちろん、イベント上映などの際には、チラシの作成も行いますが、“手作り”が目黒シネマのひとつの個性と言っていいかもしれません。

--他の映画館にはない、展示物・スタッフのコスプレが目黒シネマの特徴です。これらはすべてスタッフが作成しているのですか。

宮久保:『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』や『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』など、キャラクターものの作品のときには樹脂粘土などを使い自作しています。どうせやるなら、楽しまないと損だと思うんです。かつて、映画製作に携わりたいと思っていたのですが挫折しました。でも、幸運なことに映画をお客様に届けることができる仕事に就くことができた。映画自体に手を加えることは、劇場スタッフは当然できません。でも、接客や場内装飾で、お客様の1日の映画体験をさらに豊かにすることはできるはず。映画館はただ映画を上映するための場所ではなくて、“映画体験”という楽しみを与えることができる場所にすることが一番だと思っています。その発想から生まれたのが、オリジナルの展示物などですね。

--目黒シネマと言えば、Twitter【@megurocinema】でフクロウのホーちゃんが、アクティブに発信していますね。

宮久保:SNSに頼っている、と言っても過言ではないかもしれないです(笑)。目黒シネマに来ていただいて、映画を観て楽しんでいただく、展示物を楽しんでいただく、それが一番一般的な楽しみ方の形ですが、それ以外の楽しみ方があってもいいのかなと。今はTwitterからInstagramまで、日々様々な情報が飛んでいます。お客様が劇場に来なくても、SNSを通して目黒シネマを楽しんでいただける、それを目指したいと思っています。今は配信系サービスも充実して、よっぽどのことがない限り、劇場に足を運んで映画を観ようとは思わない状況になってきているのかなと。そのときにきっかけとなるのは、私たちを含めて、いろんな方々が目黒シネマという場所を面白いと感じ、楽しんでいるという“情報”だと思います。そこで初めて「行ってみようかな」という気持ちがわずかに芽生える。お客様に足を運んでいただくためには、いろんな“種”を蒔いておくことが大事だと思います。Instagramには模型の製作過程もアップしているので、それもチェックしていただけるとうれしいです

■いつ来ても新鮮さがある劇場に

--近年で会心のプログラムはありますか。

宮久保:沢山ありますよ! 最近では何と言っても『シン・ゴジラ』と『キングコング:髑髏島の巨神』の2本立てですね。スタッフコスプレのゴジラガールズがいて、館内装飾ではゴジラの足跡を作り、『キングコング』の怪獣の手作りフィギュアを飾った自力アート展、そして樋口真嗣監督、開田裕治さん、樋口尚文さんを招いたトークイベントと、お楽しみが盛りだくさんでした。

--こういった仕掛けはすべて宮久保さんから?

宮久保:そうですね。私が一番楽しんでやっているかもしれないです(笑)。

--映画ファンが目黒シネマに対して、“楽しい”という印象を感じるのは、やらされてるのではなく、宮久保さんを中心にスタッフみなさんが心から楽しんでいるからなんだと分かりました。

宮久保:バカバカしいといえばバカバカしいんですけどね。いきなりスタッフの女の子に「ゴジラになってみない?」って言ってるわけですから(笑)。

--最後に改めて、目黒シネマで映画を楽しむことの醍醐味を教えてください。

宮久保:自宅のテレビやスマホではなく、映画館で映画を観る醍醐味のひとつとして、スクリーンの大きさや音響などの設備面があると思います。もちろん、それはとても意義のあることですが、目黒シネマではその点でシネコンと勝負することはできません。それでも、劇場に足を運んでもらうためには何をするべきか。その発想から自力アート展や、コスプレなどに繋がったんですね。映画館で映画を観るということは、観る作品と観る映画館の雰囲気も含めてお客様の記憶に残るものだと思うんです。同じ場所なのに、上映される作品によって、雰囲気が変わってる。いつ来ても新鮮さがある、それをお客様に感じてもらえるように心がけています。

(取材・文=石井達也)