学生の窓口編集部

写真拡大 (全7枚)

贈り物選びは本当に難しいもの。喜んでもらえると思って贈ったけれども、まったく使ってもらえずに、あるいはぞんざいに扱われていたなんてことがよくあります。特に敬老の日の贈り物となると、年齢差もあって「どんなものが喜ばれるのか」と想像がつかないという方が多いのではないでしょうか。そんなあなたに、今回は敬老の日におすすめのプレゼントをご紹介します。



■そもそも敬老の日ってどういう日?

【性格診断テストまとめ】自分の隠された一面が丸わかり?!

プレゼント選びの前に、敬老の日が制定された背景について少し解説しておきましょう。1947年(昭和22年)9月15日に、兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町八千代区)で村が主催する敬老会が開催されました。それが「敬老の日」のはじまりだとされています。

当時の村長であった門脇政夫氏が、「お年寄りを大切にして、お年寄りの知恵で村を作ろう」という趣旨で開催したもので、9月中旬頃はちょうど農閑期にあたり、地域の人たちが敬老会に参加しやすいということで、9月15日になりました。

その後、門脇村長は、兵庫県内の市町村に祝日の制定を働きかけ、少しずつ賛同する市町村が増えていきました。1950年には兵庫県が「としよりの日」を制定。1951年には中央社会福祉協議会(現在の全国社会福祉協議会)が9月15日を「としよりの日」と定め、9月15日から1週間の運動期間を設けます。その後、1966年に国民の祝日に関する法律が改正され、「敬老の日」が正式に制定されました。国民の祝日に関する法律第2条には、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」こととあります。「敬老の日」ってそういう趣旨だったのですね。

■あたりはずれのない和菓子は定番の敬老の日プレゼント


和菓子は、比較的長持ちして、少量で楽しませてくれます。「敬老の日」のプレゼントに最適です。和菓子には豊かな発想のネーミングや縁起のよいネーミングが多く、いったいどんな味でどんな食感なのか想像力が膨らみます。「敬老の日」には、和菓子を持参して、祖父母と一緒にお茶を楽しまれてはどうでしょう。

おすすめの敬老の日プレゼント1 ネーミングが素敵すぎる榮太樓總本鋪の創製銘菓「玉だれ」

日本橋の榮太樓総本舗の銘菓「玉だれ」は、初代・榮太樓の細田安兵衛氏が発案したと言われる銘菓です。薄緑色の芯部分を透き通った求肥で巻いた上品な生菓子で、「玉だれ」というネーミングが想像力を掻き立ててくれます。薄緑の芯には静岡産のワサビをおろし金ですりおろし、砂糖や山芋、米粉などを加えて丁寧に練り上げて、あんこにしています。

おすすめの敬老の日プレゼント2 福岡のハイセンスな和菓子店「鈴懸」

鈴懸は全国的にも有名な福岡の和菓子店です。インターネットでも販売しているので、全国どこでも購入できます。「鈴懸」の和菓子の特徴は、豊かな日本の四季にちなんだバリエーション豊かな和菓子にあります。例えば、春には、「うららか」や「木の芽饅頭」、「山笑う」、夏は「祇園饅頭」、「大葉餅」、「本蕨餅」、「麦手餅」、「山椒餅」などがお目見えします。秋には「こぼれ栗」、「照柿」、「栗つむぎ」、冬は「椿餅」、「苺大福」、「胡桃餅」、「甘酒饅頭」といった想像力をかきたてられるようなネーミングの和菓子が登場します。「敬老の日」は秋口なので「山椒餅」や「栗つむぎ」あたりがプレゼントにはおすすめです。

おすすめの敬老の日プレゼント3  一度味わってみたい老舗の味「とらやの羊羹」

「敬老の日」などで誰かにプレゼントされなければ、食べる機会のあまりない老舗の味、そのへんがプレゼントとしてはねらい目かもしれません。そういう意味でも、名高い「とらやの羊羹」はおすすめです。

「虎屋」は、室町時代に京都で創業した老舗の和菓子店です。「とらやの羊羹」は、虎屋の和菓子の代表格で、虎屋の代名詞ともいえる商品。「夜の海」や「おもかげ」、「新緑」、「阿波の風」、「空の旅」、「白味噌」といった銘があり、詰め合わせにしたセットにも人気があります。

おすすめの敬老の日プレゼント4 もっちりとした食感がくせになる「阿闍梨餅」

阿闍梨餅は、丹波大納言の粒あんを秘伝の餅生地で包んで、焼き上げた半生菓子です。もっちりとした食感がくせになります。

おすすめの敬老の日プレゼント5 生麩で包んだお饅頭「麩饅頭」

京都で古くから愛されてきた生麩であんを包んだお饅頭。柔らかくてもっちりとした麩の主成分であるグルテンが絶妙な食感を醸しています。もともとは禅寺で作られていた精進料理です。上京区西洞院の老舗生麩店「麩嘉(ふうか)」がよく知られています。

おすすめの敬老の日プレゼント6 淡白で上品な舌ざわり「青柳のういろう」

「ういろう」の魅力は、その淡白で何とも言えない食感にあります。「青柳総本家」は名古屋に本店がある老舗のういろう屋です。名古屋のういろうは「うるち米」を原料にした米粉で作っています。「うるち米」のもっちりとしていながら歯切れのよい口当たりが特徴です。

■縁起の良い食べ物「お寿司」も敬老の日プレゼントにおすすめ!


縁起のよい食べ物として、寿の文字が入るお寿司が挙げられます。比較的日持ちがするので、「敬老の日」のプレゼントに最適です。

おすすめの敬老の日プレゼント7 近江八幡「ひさご寿し」の「長寿巻」

福井県などでめでたい席で食べられてきた「長寿巻」。まさに「敬老の日」にピッタリのプレゼントです。昆布で巻くことで「よろこぶ」をかけています。「ひさご寿し」の「長寿巻」には、海老、穴子、かんぴょう、玉子、三つ葉などの具材が使用されています。お口のなかでそれぞれの具材がほどけ豊潤な味わいが広がる逸品。

おすすめの敬老の日プレゼント8 京都の祭りには欠かせない「いづうの鯖寿司」

賞味期限が3日ほどあるので、全国どこにでも発送して楽しめる京の味です。「いづう」は、天明元年(1781年)に祇園で創業した老舗寿司店。初代いづみや卯兵衛の一字をとって「いづう」という屋号になりました。

京都では、ひと塩ものの鯖を使って各家庭で鯖寿司を作り、祝いの席で食べてきました。ですから「敬老の日」のプレゼントとしてもピッタリの逸品です。生ものなので、あらかじめ消費期限をお伝えするようにしましょう。

おすすめの敬老の日プレゼント9 柿の葉の香りが郷愁をさそう「柿の葉寿司」

柿の葉寿司は、奈良県の南西部で古くから作られてきた伝統食です。現在のように冷蔵設備がない時代には、塩漬けにした鯖や鮭、鰆などは貴重なタンパク源でした。塩漬けされた鯖などを薄く削いで、酢をきかせた握り飯にのせて、裏山の柿の葉で包んで重石をしたものが柿の葉寿司です。夏祭りや秋祭りには欠かせない祝い飯でした。

柿の葉には殺菌作用があるため、防腐と乾燥を防止する効果があります。また、石の重みで余分な空気を抜くことで発酵を促し、発酵食品として古くから受け継がれてきました。「柿の葉寿司」は「株式会社柿の葉すし本舗たなか」などで全国発送しています。


■人生の楽しみはやはり「お酒」


「敬老の日」にもらってうれしいプレゼントといえば、特に男性は「お酒」を挙げる方が多いようです。しかし「お酒」といっても、星の数ほど銘柄があります。日本酒が好きなのか、それとも洋酒なのか。あるいはワインなのか迷うところ。祖父母など比較的親しい間柄でしたら、おおよその好みが検討できるのではないでしょうか。

もし見当が付かない場合は、それとなく聞いてみましょう。またはビール券など、商品券を贈るといった選択肢もあります。今回は、おすすめしたい日本酒の銘柄3つをご紹介しましょう。

おすすめの敬老の日プレゼント10 根強いファンに支持される新潟の銘酒「鶴の友」

日本酒通の間で根強い人気がある樋木酒造株式会社の「鶴の友」。味わいはもちろんのこと、縁起のよいネーミングも相まって「敬老の日」の贈り物に最適です。大きな蔵ではないので、大量生産ができないという点も根強い人気の理由になっています。また、少量であっても、完璧なまでに目の行き届く酒造りに取り組む、蔵元の頑固な姿勢に、共感するファンが多いようです。

おすすめの敬老の日プレゼント11 三ツ星シェフ「ロブション」も絶賛「獺祭」

すっかり世界的に有名になってしまった「獺祭」。酒蔵は、山口県にある旭酒造です。「名前は知っているけれども、高いので普段は買って飲もうとは思わない」そういう銘柄が「敬老の日」のプレゼントとしてはおすすめです。

「獺祭」の名前は、旭酒造がある獺越に伝わる獺の伝説がルーツになっています。このあたりには、古い獺が住み着いていて、子供たちをよく化かしたとか。想像力が掻き立てられる銘柄の「獺祭」は「敬老の日」のプレゼントに最適です。

おすすめの敬老の日プレゼント12 北陸の銘酒「立山」

端麗辛口の「立山」は、北陸のみならず全国的にも日本酒ファンに人気のある銘柄です。酒蔵は富山県礪波市にある立山酒造株式会社。創業は1830年、井波町新明屋仙助が幕府より酒造株の所持を認められたのが始まりです。明治時代には約二千石の酒造量をほこり、県内で最も多い酒造石高でした。現在は、約三万五千石を有する北陸屈指の蔵元です。


■女性ならお花は根強い人気のギフト

女性の場合、敬老の日にもらってうれしいプレゼントの代表格といえるのが「お花」。しかし、根の付いた鉢植えのお花は「根つき」が「寝つき」を連想させるため、「敬老の日」の贈り物としては不適切だという人がいます。とはいえ、コチョウランなどは鉢植えになっていますが人気のお花ですので、好みに応じて贈ってもよいのではないでしょうか。

おすすめの敬老の日プレゼント13 バラの花

華やいだ気分にしてくれるバラ。バラ好きの女性は多いので、華やかさを重視した、カラーバリエーション豊富なバラは、敬老の日に贈る花束として最適です。バラには色によってそれぞれ異なった花言葉があります。赤いバラは、「永遠の愛」や「情熱」という花言葉があります。還暦を迎えたおじいちゃんやおばあちゃんに贈る花として人気です。ピンクのバラには、感謝の心、上品、あたたかい心といった花言葉があります。オレンジには「きずな」や「信頼」などの花言葉があります。

おすすめの敬老の日プレゼント14 コチョウラン

コチョウランの花言葉は「幸せが飛んでくる」です。大切な人の幸せを願って贈る花として、祝い事によく利用されます。コチョウランには花粉がほとんどないので、病院などでも飾ることができます。花が長持ちするところもコチョウランの大きな特徴。メッセージを添えて、敬老の日に贈りましょう。

おすすめの敬老の日プレゼント15 バルーン付きの花束

最近は、より華やかで豪華なイメージのバルーン付きの花束が人気です。バルーンの付いた大きな花束をもらった人は、驚きとともに喜びが湧き上がるのではないでしょうか。敬老の日におじいちゃん、おばあちゃんへ贈るプレゼントとして最適。バルーンには、ハートや星形、赤や青、黄色などがあり、カラフルでバラエティーも豊富です。

以上、定番の「敬老の日におすすめのプレゼント」をご紹介しました。もちろんここで取り上げた以外にも、贈り物として喜ばれるギフトはたくさんあります。例えば贈る相手の“お気に入り"がわかっていれば、その商品を選べば無難と言えるでしょう。贈り物選びでは、まず相手が好きなもの、興味のあるものなどを把握することが大切。もちろん、それとなく「何か欲しいものってないの?」など聞いてみるのも1つの方法です。

執筆:山下正之助

上に紹介したもののほかにも、こんなアイディアもあります。毎年敬老の日プレゼントをしていてだんだんネタが尽きてきた……そんな方はこちらを参考にしてみてください。


■何より相手に喜んでもらえるものが一番!

おすすめの敬老の日プレゼント16 茶器
「お茶を楽しんでもらおう」ということで、茶器を贈る人も多くいらっしゃいます。日本茶用の茶器だけでなく、少し趣向を凝らして中国茶器や西洋茶器をチョイスしてもいいですね。いい記念になることでしょう。

おすすめの敬老の日プレゼント17 酒器

お酒だけでなく、一緒に酒器を贈るのもおすすめです。日本酒の場合はおちょこやぐい呑みだけでなく、とっくりや片口もセットになっていると使いやすいですね。ワイングラスやロックグラスなど、お酒の種類に合わせたチョイスをしましょう。

おすすめの敬老の日プレゼント18 日用品
例えばタオルやスリッパなど、日常で使うものを贈るのもいいですね。「もう持っているだろうし」と思うかもしれませんが、ネーム入りのものにすれば高級感・特別感も出るのでおすすめです。

おすすめの敬老の日プレゼント19 財布
「運気上昇」という意味で、新しい財布を贈るというのもアリです。もし現在使っている財布が古くなっていたりすれば、候補に挙げてみるのもいいですね。他にも少しリッチな値段のコインケースなど、自分ではなかなか買わないものをチョイスするのもいいでしょう。

おすすめの敬老の日プレゼント20 装飾品
指輪やペンダントといった装飾品を贈るのはどうでしょうか? 母親や祖母など、女性はいつまでもきれいでいたいものですし、記念にジュエリーを贈ってみるのもいいかもしれません。


おすすめの敬老の日プレゼント21 健康食品
「長生きしてください」という意味で、普段あまり買わないようなちょっと高めの健康食品を贈るのもいいですね。また、健康食品は継続して取ることが大事なので、例えば1年間の配送パックなどを購入して毎月届くようにするのもおすすめです。

おすすめの敬老の日プレゼント22 健康器具
「健康」をキーワードに、健康器具も候補に入れてもいいですね。ただ、せっかく買ったのなら継続して続けてもらいたいですから、まずはテレビを見ながらなど、気軽にトライできるものを贈るのがいいかもしれません。

おすすめの敬老の日プレゼント23 食事
敬老の日にちょっとリッチなランチやディナーに招待するのはどうでしょうか。なかなか行けない高級店や、ずっと行きたいと思っていたお店などを予約して招待すれば、喜びもひとしおでしょう。

おすすめの敬老の日プレゼント24 旅行
旅行を手配して招待してあげるのもいいですね。祖父母二人だけの旅でもいいですし、家族全員で都合を合わせて記念旅行に行くのもいいでしょう。子供や孫が一生懸命考えて手配してくれるだけでもうれしいものですよね。

おすすめの敬老の日プレゼント25 趣味に関するもの
「何がいいか分からない!」となった場合は、趣味に関するものを贈るのがおすすめです。例えば祖父がゴルフが好きなら、ネーム入りのボールやグローブといった、記念にもなり、また趣味で使えるものを選ぶといいです。

おすすめの敬老の日プレゼント26 商品券
もし「趣味もないし何を贈ればいいか分からない」となった場合は、商品券を贈り、後はお任せというのも一つの方法です。商品券だけだとちょっとアレですので、できれば一緒にお花を贈るなど工夫したいところです。

おすすめの敬老の日プレゼント27 肩たたき券
ジョークプレゼントと思うかもしれませんが、例えば30分間孫や子供と話をしながら肩たたきをしてもらえるのは、祖父母にとっては何よりうれしいもの。せっかく大人の立場で贈るのなら、装丁も本格的にしたいところですね。敬老の日のおすすめプレゼントをまとめてみましたが、やはり贈る前にはしっかりとリサーチをしておきましょう。心を込めた贈り物であれば、必ず喜んでもらえるでしょうが、あまりに的外れなものを贈ってしまわないようにはしたいですね。



(中田ボンベ@dcp)