@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

プロトタイプ9 ペブルビーチで実車公開

インフィニティは、レトロスタイルのレーサーコンセプトEV、「プロトタイプ9」の実車を発表した。

まるでモーガンのような見た目であるが、マシンの鼻先に、インフィニティの特徴である彫りの深いグリルを取り付けて、独特の表情にしている。


公開されたスペックは、
・最高出力:150ps
・最大トルク:32.6kg-m
・0-100km/h加速:5.5秒
・最高速度:170km/h

とされており、来月発表される日産リーフの予想最高出力と同値になっている。

車重890kg/重ステ EVで楽しむレトロレーサー

ボディサイズは、インフィニティQ30よりも、全長が90mm短縮され、全幅が15mm広くなっている。ルーフレスのモデルであるため、全高はQ30の1495mmよりずっと低い。

全長x全幅x全高:4330x1820x910mm
車重:890kg


ボディ構造は、
・スティールラダーシャシー
・ハンドメイドスティールボディパネル
の組み合わせを採用。

脚まわりには、リーフスプリングとノンパワーのステアリングを選んだ。