クレームは会社にとって「ビタミン剤」のようなもの

写真拡大

今や大手企業をも揺るがす深刻な事態となっている後継者問題。二代目が見つからない、創業者との間に深い亀裂が生じるなど、大勢の経営陣が頭を抱えている。

しかし飲食業界に、数多の経営者が苦悩する伝統の継承をサラリと行い、次なる挑戦を楽しんでいる2人の若き社長がいる。旭酒造の桜井一宏氏と、麵屋武蔵の矢都木二郎氏だ。”今までにないニュータイプの後継者モデル”となった2人の経営哲学を、5回の連載で読み解いていく。(第1回/第2回)

──社長就任後、お二人は数々の新商品をプロデュースし、ヒットに導いていますよね。お互いの商品の良さはどんなところにあると思いますか?

矢都木:旭酒造さん良さは、伝統を守りつつ時にそれを覆す挑戦をしているところです。先代の教えを大事にしながらも、そこに固執しすぎず、試行錯誤もされている。新しいことを、と言うのは簡単ですがなかなか実現できないことですよ。

桜井:私から見ると、矢都木さんのやり方も同じです。先日食べたコラボラーメン(「獺祭 酒芳るら〜麺」)は、スープがほとんど酒でしたよね?

矢都木:そうです。食べた瞬間に吟醸香が広がるラーメンを目指しました。

桜井:「そんなにうちの酒を入れるの?」と驚きました。でもそこまで振り切っているから美味しいし、お客様も感動するんだと思います。私はまだそういう振り切り方ができないので、コラボしながら学ばせていただいています。

──チャレンジ精神あふれるお二人ですが、挑戦には責任がつきものですよね。経営者として、スランプや失敗、課題には、どのように向き合っていますか?

桜井:それこそ先代に聞きたかったのですが、会長は「教えるものではない。勝手に学べ」というスタンスで。今まさに、向き合い方を考えているところです。

矢都木:社長になった瞬間、急に責任が重くなりますもんね。僕も毎日張り詰めるような緊張感があります。社員だったころは麵屋武蔵の新メニューを考えていればよかったのに、社長になると雇用条件から何から、全て考えなければいけない。チャレンジの幅が広がる分、当然リスクも生じます。でも僕は、社長とはそういう仕事だと割り切っています。

桜井:矢都木さんは社長就任の打診を受けたとき、ためらいや迷いはなかったんですか?

矢都木:ないです。「きたーっ!」って感じでした(笑)。サラリーマン時代の自分は「こんな自分でありたい」という理想像とかけ離れていたんです。それでいつか自分でラーメン店を開こうと思い立ち、麵屋武蔵で修行を始めたんです。

桜井:もともと独立志向だったんですね。いつ頃から麵屋武蔵の社長を目指すようになったんですか?

矢都木:店長を任されるようになった頃ですかね。「チェンジ・チャレンジ」という先代のポリシーのおかげで、お客様のためなら商品も会社も伝統も変えていい、という大切なことに気づけたんです。ちょうどその頃、先代が身内に後継者がいないと話していたので、いつか自分が社長になれたらと。

桜井:でもいざなってみると、想像以上のプレッシャーがありませんでしたか? 例えば、社員が結婚したり、出産したりしたとき。社長になる前は心から祝福できていたんですけど、今は「この社員の家族や子どもの人生まで自分にかかってるんだな」って……。

矢都木:確かに。会社単位で責任がのしかかってきますからね。でももし何かトラブルが起きたとしても、僕は深く落ち込まないタイプです。社長はそういう仕事で、それを乗り越えるからさらに成長できると思っています。

桜井:クレームと同じですね。

矢都木:そうですね。クレームの対応が一番うまいのは、誰よりもクレームを受けている人。言われたときはつらいですが、経験値は必ず上がるので、お店にとってはビタミン剤のようなもの。だから僕は常に「いい経験をさせていただきました。ありがとうございます!」という心境でいます。

桜井:なるほど。ラッキーかアンラッキーかわかりませんが、私はまだ大きな失敗を経験していないんです。まさに今過渡期なので、これから旭酒造が変わっていけるかどうか、それが一つ目の試練だと思います。少しずつ会社を変えて、乗り越えていきたいですね。

──経営者は日頃のインプットも重要ですが、お二人はどのように感覚を磨かれていますか?

桜井:人に会うのが何よりのインプットですね。最近は経営者の方にお会いする機会も増えてきて、色々な角度から鍛えて頂き、教えて頂いています。

矢都木:旭酒造さんは、見学にいらっしゃる方もきっと大勢いますよね。国内だけでなく、海外からも。

桜井:そうですね。海外から修行に来る方もいます。ソムリエやレストランスタッフが主ですが、中には地元に帰って自分で酒蔵を作りたいと言って。おいおい、堂々とした産業スパイやなとも思いますが、日本酒を本気で学びたいなら誰だって大歓迎です。旭酒造を全く違う角度から見て、質問してくれる。その一つひとつが本当におもしろいんです。

矢都木:お客様目線は本当に大事ですよね。僕の場合は、映画を観たり、外食をしたり、とにかく外に出てインプットすることが多いです。事務所にこもらないようにルーティンワークも極力減らして、いろんなことを見たり聞いたり。ただ「入り込みすぎないように」気をつけています。

桜井:作り手側に立たない、ということですか?

矢都木:はい。ふらっと入った感覚で見るようにしているんです。そうすれば麵屋武蔵の店舗に入ったとき、お客様と同じ感覚で店舗を見回すことができる。

桜井:自然体でいれば、自社にいても刺激を受けられますからね。

矢都木:刺激といえば、ぜひ外部からチクリとしてほしいところがあるんです。他の業界から、ラーメン業界に入ってきてほしいなと。

桜井:他の業界!? 例えばIT企業がラーメン屋を開くということですか? いや、私も少し想像したことはありますが、もしアップルが酒造を始めたらめちゃくちゃ怖いですよ。業界内のライバルが伸びるよりずっと怖い。

矢都木:でも、外部だからこそ見える業界の盲点や短所があるじゃないですか。それを探して今までにない方法で解決したら、きっと業界は盛り上がりますよ。だから僕は、業界外の企業を見てインプットしているんです。これからも、旭酒造さんに学ばせていただきますよ![第4回に続く]

桜井一宏◎旭酒造代表取締役社長及び四代目蔵元。2009年まで常務取締役、その後2016年9月まで取締役副社長として海外マーケティングを担当。米国、香港、シンガポール、フランス等でのイベントやセミナーを通じて獺祭の海外売上を促進し、12年間で28倍にした。2016年10月より代表取締役社長に就任。四代目蔵元となる。

矢都木二郎◎麺屋武蔵 代表取締役社長。埼玉県生まれ。城西大学卒。大学卒業後、いったん一般企業に就職するが、24歳で独立開業を目標に麺屋武蔵に転職。以来、麺屋武蔵一筋。27歳で上野店店長に昇格。店の運営・経営を任される。2013年11月11日、先代社長からバトンを受け2代目の代表取締役社長に就任する。