JR西日本は、2017年夏季(7月21日〜8月17日、28日間)の利用実績について「山陽新幹線で429万人(前年比101%)、北陸新幹線で76万人(同100%)、在来線で188万人(同100%)、あわせて693万人(前年比101%)」「お盆期間は、山陽新幹線で167万人(前年比103%)、北陸新幹線で29万人(同101%)、在来線で72万人(同104%)、あわせて267万人(前年比103%)」と伝えました。

「夏季期間全体では、台風5号の影響などもあり、前年並み。お盆期間では『山の日』を含んだ3連休を中心に特に多くの利用があり、前年を上回りました」と伝えている同社は、在来線の線区別で落ち込みが見られる列車・線区があります。

夏季期間で前年割れを見せた列車は、山陰線 二条〜亀岡間「きのさき」「まいづる」等(97%)、福知山線 大阪〜三田間「こうのとり」(95%)、智頭線 姫路〜上郡「スーパーはくと」(94%)、伯備線 岡山〜新見「やくも」等(92%)、瀬戸大橋線 岡山〜児島「しおかぜ」「南風」等(98%)、紀勢線 和歌山〜箕島「くろしお」(96%)などです。

また、主要駅の利用状況では、大阪駅(14万1000人/日)や三宮、天王寺が前年比99〜101%とほぼ横ばい。京都(6万2000人/日)が前年比104%、ユニバーサルシティ(2万8000人/日)が106%と微増を示しています。