@AUTOCAR

写真拡大 (全11枚)

メルセデス-マイバッハ6カブリオレ 詳細情報

メルセデスが、予告通り、マイバッハ6カブリオレ・コンセプトを発表した。

これは、直近の12カ月で、メルセデス-マイバッハSクラスのセールスが好調であることを受けた動きである。マイバッハブランドの際立ったイメージを、このタイミングで改めて確立するのが、このコンセプトの狙いなのだ。


マイバッハ6カブリオレは、
・リトラクタブルルーフ
・ビロードのインテリア
・2シーター
というパッケージを採用。ロールス・ロイス・ドーンを追い詰めるライバルの登場を示唆するものになっている。

ドーンに対する切り札は、スタイリングとパワートレインだ。

ポイント1 スタイリング

このモデルは、マイバッハにとって初のコンバーチブルではない。昨年彼らは、メルセデス-マイバッハSクラス・カブリオレを300台限定で生産しているのだ。

マイバッハ6カブリオレ サイズ

全長:5700mm(対Sクラスカブリオレ 671mmプラス)
全幅:2100mm(同201mmプラス)
全高:1340mm(同71mmマイナス)


興味深いのは、
・極端にリア寄りのシートポジション
・巨大な24インチホイール
・伸びやかなテール
・ツートーンスキーム
といった、1940年代から1950年代のラグジュアリーカーに見られた “美の法則” を採用した点だ。


インテリアは、
・キルティング加工したホワイトナッパレザー
・流れるようなダッシュボード
・乗員を取り囲むようなデジタルディスプレイ
を採用して、独特の世界観でまとめている。

ポイント2 5分充電で100km走行 四駆EV

マイバッハ6カブリオレ スペック

小型モーター4基搭載
・最高出力:760ps
・駆動方式:四輪駆動(各輪にモーター1基)
・0-100km/h:4.0秒未満(シミュレーション値)
・最高速度:250km/h

このモーターの配置が、短命に終わった「SLSエレクトリックドライブ」と似たレイアウトであるのは興味深い。


リチウムイオンバッテリー
・搭載位置:フロアパン内部
・航続可能距離:500km以上(欧州サイクル)

350kWの高速充電機能は、たった5分の充電で航続距離が100km伸びると言われている。

マイバッハ6カブリオレ・コンセプト 画像ギャラリー