17日、韓国の自動車最大手・現代自動車が世界で初めて「次世代水素電気自動車」を公開、2020年までに現在の14種類のエコカーを31種類へと大幅に増やす計画を明らかにした。写真は韓国の現代自動車販売店。

写真拡大

2017年8月17日、韓国の自動車最大手・現代(ヒュンダイ)自動車が世界で初めて「次世代水素電気自動車」を公開、20年までに現在の14種類のエコカーを31種類へと大幅に増やす計画を明らかにした。韓国・ニューシスが伝えた。

現代自は17日、ソウル市内の漢江(ハンガン)公園にオープンした「水素電気ハウス」で次世代水素電気自動車を披露、またメディア向けにグループ全体のエコカー開発戦略を発表した。

これによると、来年初めに発売予定の次世代水素電気自動車は、既存の水素電気自動車(クロスオーバーSUV「ツーソン」)に比べ、コア技術となる水素燃料電池システムの効率・性能・耐久・貯蔵などの性能が改善されているという。1回の充填(じゅうてん)での走行距離は580キロ以上(韓国内基準)を目標とし、また燃料電池システムに新たな制御技術を適用、車両の最大出力を従来比で約20%以上向上させた。

同社国内営業本部長を務めるイ・グァングク副社長は、「次世代水素電気自動車は、水素電気パワートレイン(動力源で発生した回転エネルギーを駆動輪に伝えるための装置類)に対する現代自動車の受け継がれた遺産とリーダーシップを象徴する」とし、「今日公開した新車によって、水素電気自動車分野の世界的リーダーの地位を再確認し、クリーンエネルギー源である水素で運営される水素社会の本格的な幕開けを知らせたい」と語った。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「充填時間がもっと短く、走行距離がもっと長くなるといいね」「これからは水素電気自動車だ」「排ガスの代わりに水が出る。空気がきれいになる」「いい流れだ。期待している」など、水素電気自動車に期待する意見が多く寄せられた。

その一方で、「でも水素と聞くと漠然とした不安を感じる」「現代自が作ると水素爆弾になったりしないかな?」など、不安の声も見られた。(翻訳・編集/三田)