故障者/神戸=レアンドロ、高橋峻 横浜=なし
出場停止/神戸=なし 横浜=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ 23節
ヴィッセル神戸-横浜F・マリノス
8月20日(日)/18:30/ノエビアスタジアム神戸

ヴィッセル神戸
今季成績(22節終了時):11位 勝点29 9勝2分11敗 25得点・29失点

【最新チーム事情】
●前節のFC東京戦を0-1で落とし3連敗に。
●ネルシーニョ監督を解任。後任は吉田ヘッドコーチが暫定指揮。
●体制変更に伴い、田中社長らスタッフも入れ替えへ。

【担当記者の視点】
 成績不振により、8月16日にネルシーニョ監督を解任し、今節の横浜戦からは、ヘッドコーチから暫定的に昇格した吉田新監督の下で再スタートを切る。

 新体制への変更に伴い、注目されるのが選手の起用法だろう。ネルシーニョ監督の右腕だった吉田新監督は、ハードワークを厭わない組織的な戦いを志向していくこと明言しているだけに、大幅なメンバー変更は考えにくい。

 焦点は、運動量の少なさが顕著なポドルスキをどう扱うか。得点力に大きな期待が持てるとはいえ、組織として機能しないようならば、交代させるのもひとつの手だろう。新監督の大胆采配が見られるのかも、ひとつの見どころになりそうだ。
J1リーグ 23節
ヴィッセル神戸-横浜F・マリノス
8月20日(日)/18:30/ノエビアスタジアム神戸

横浜F・マリノス
今季成績(22節終了時):3位 勝点43 13勝4分5敗 30得点・17失点

【最新チーム事情】
●3試合連続完封勝利中と好調を維持。先発の顔ぶれは変わらない見込み。
●齋藤とマルティノスのスタートポジションは、試合直前まで見極める可能性も。
●天野、扇原、山中といったレフティたちが質の高いプレーを披露。チームの攻撃を牽引中。

【担当記者の視点】
 前節・鳥栖戦は1-0で勝利。これで12戦無敗で3位に浮上した。今節の結果次第では首位に立つ可能性もある。

 堅守をベースに着実に勝点を積み上げてきたが、ポドルスキ擁する神戸の強力な攻撃陣を抑え込むことができるか。最終ラインの粘り強さはもちろん、守備意識の高い2ボランチや両サイドアタッカーの精力的なディフェンスにも注目だ。

 H・ヴィエイラの決定力、天野のセットプレー、マルティノスの意外性、そして齋藤のドリブルなど、攻撃面の見どころも多い。敵地でのゲームだが、臆することなく戦い、勝点3を手にしたい。