U-20W杯で負傷したFW小川航基は、なぜ清武弘嗣と知り合いなのか?

写真拡大

今年行われたU-20ワールドカップで日本代表の9番を背負ったFW小川航基。

日本のエースとして活躍が期待されたが、第2戦目となるウルグアイ戦で左膝前十字靭帯断裂および半月板損傷という大怪我を負い、無念の帰国となった。

全治約6ヶ月という診断を受け、現在はリハビリを続ける小川。リハビリの様子やお見舞いに来た知人との写真をInstagramにあげているのだが、その中には清武弘嗣の姿もあった。

小川は神奈川県出身の20歳で、清武は大分県出身の27歳だ。

ともにユース世代から注目されたタレントであることに間違いはないが、年齢は離れており所属してきたチームも違う。ではなぜ両者は知り合いなのだろうか?

どうやら小川と清武は同じ病院でリハビリを続けているようだ。

先月行われたベガルタ仙台戦で左ハムストリング筋を損傷し、全治8週間という診断が下った清武。

このほどリハビリを終え退院することになったのだが、小川はSNSで「今日でキヨくんもいなくなってしまった…」と綴っている。これは同じ病院だったと見て良さそうだ。

そんな小川がリハビリを続けるこの病院には、大きな怪我を負ったアスリートも多数いるよう。

こちらは、リハビリを続けるメンバーで食事をした時と思われる写真。

右膝前十字靭帯断裂、右膝後十字靭帯断裂、右膝内側側副靱帯断裂という大怪我を負った栃木SCのDF坂田良太や、女子バレーボール選手の長岡望悠らの姿もある。

小川は投稿の中で「他競技の人達ともお互いを高め合う。素晴らしい経験」と綴っており、リハビリの中で新たな交友を深めていることがうかがえる。

順調。回復。 #順調 #焦らず #基礎 #ボール触れる喜び
小川航基さん(@koki4629)がシェアした投稿 -

なお小川のリハビリは順調であるようで、すっかりボールを蹴れるようにまで回復。

全治1年という診断を受けた坂田とは一緒にリハビリをしていたようで、「この方に比べれば自分の怪我などたいしたことない」とSNSに記したことも。いろんな人に刺激を受けながら復活を目指しているようだ。