これが42億円のGK!逸材ピックフォードの『超フィード』が凄い

写真拡大

今夏、ロメル・ルカクを放出した一方、巨額の資金を投下して有力選手を次々に補強しているエヴァートン。

このほど行われたハイドゥク・スプリトとのEL予選プレーオフ1stレグにも2-0で勝利した。グディソン・パークで行われた一戦では、こんなシーンも。

前線へ素晴らしいフィードを蹴ったのは、GKジョーダン・ピックフォード。将来のイングランド代表の正守護神として期待される23歳のGKで、42億円とも言われる金額でエヴァートンが獲得した逸材だ。

すでにショットストッパーとしての能力は証明済みだが、フィードもここまでいいとは…。

エヴァートンはプレミアリーグ開幕戦に続き連勝となったが、指揮官はそれでも満足はしていないようだ。

ロナルト・クーマン(エヴァートン監督)

「前半は非常に良かった。ハイテンポでプレーし、得点チャンスも作った。

後半はゲームをコントロールし、よりいい結果を狙った。

だが、そうすることはできなかったし、来週は厳しいものになるだろうね。

後半は追加点を奪うチャンスを逸していたと思う。テンポが落ちてしまったからね。後半についてはハッピーじゃない」

今週末、エヴァートンはマンチェスター・シティと対戦。その後、ミッドウィークにハイドゥクとの再戦が控えている。