【セリエA・シーズンプレビュー】7連覇目指す本命ユーベにナポリ、ローマ、ミラノ勢が挑戦

写真拡大 (全7枚)

▽2017-18シーズンのセリエAが19日に開幕する。昨季はローマとナポリの健闘が光ったものの、ユベントスの史上初の6連覇で幕を閉じた。一強時代を長らく築いてきた王者ユベントスだが、新シーズンはミラノ勢の復活が期待でき、群雄割拠のスクデット争いが繰り広げられそうだ。また、チャンピオンズリーグ出場枠がこれまでの3枠から4枠に増えることもあってスクデット争いのみならず上位争いも例年以上に盛り上がりを見せることが期待される。

(C)CWS Brains,LTD.
◆ボヌッチとD・アウベス流出で目指す7連覇〜ユベントス〜
Getty Images
▽就任4季目のアッレグリ監督率いる本命のユベントスだが、守備の要であり攻撃の起点ともなっていたDFボヌッチがアッレグリ監督との確執からミランへ電撃移籍したことは大きな戦力ダウンとなる。また、未だに世界最高の右サイドバックであることを証明し、ストロングポイントとなったDFダニエウ・アウベスが退団したのも痛手だ。

▽守備面でネガティブな要素がある一方、攻撃面では打開力に優れる高速ウインガーのFWドグラス・コスタ、次代のアッズーリを担うFWベルナルデスキを獲得できた点は、オフェンスのバリエーションを増やす意味でプラスに働きそうだ。10番を背負うことになったFWディバラ、エースFWのイグアインらと、彼らがどのような連係を築いていけるかによって、守備面での不安を圧倒的な攻撃力で打ち消せるかどうかの分岐点となる。さらに懸案だった中盤には攻守両面で幅広くピッチをカバーできるマテュイディを2年超しに獲得できたのも好材料だ。

◆熟成路線で悲願達成へ〜ナポリ〜
Getty Images
▽ユベントスの対抗に推したいのは現在のセリエAで最もスペクタクルなサッカーを展開するナポリだ。3季目を迎えるサッリ監督に率いられたチームは主力に流出がなく、DFマリオ・ルイとMFウナスのみを補強し、バックアッパーを充実させるに留まった。

▽それでも、1989-90シーズン以来となる悲願のスクデット獲得へ向けて熟成路線で十分に狙えるチーム力を誇っている。得点力を開花させたFWメルテンス、一流選手に成長したFWインシーニェ、ケガの癒えたFWミリクらアタッカーをキャプテンのMFハムシクがいかにオーガナイズしていけるかがナポリの悲願が成就するかどうかの鍵となる。

◆新監督の手腕次第〜ローマ〜
Getty Images
▽ナポリの次に推したいのがディ・フランチェスコ監督を迎えたローマだ。サッスオーロをヨーロッパリーグ出場に導くなど着実に実績を積み上げたローマの2000-01シーズンのスクデットメンバーであるディ・フランチェスコ監督は、FWサラー、MFパレデス、DFリュディガー、GKシュチェスニーといった主力を失った中、スクデット獲得を目指すことになる。

▽主力を一部失った一方、セビージャで多くの好人材を発掘してきた目利きに優れるモンチSD(スポーツ・ディレクター)によってDFモレーノ、DFコラロフ、MFゴナロン、MFペッレグリーニ、FWデフレル、FWジェンギズといった名より実を取った補強を実施。昨季15ゴールを挙げた快速アタッカーであるサラーの抜けた穴を埋めるのは至難の業だが、新戦力たちをディ・フランチェスコ監督がいかに機能させていくかがダイレクトにチームの結果に直結しそうだ。

◆大型補強敢行で一新〜ミラン〜
Getty Images
▽近年不振が続いていたミランが中国資本をバックに大型補強を敢行し、一気に新シーズンの目玉チームに変貌している。一時は移籍確実と見られたGKドンナルンマの残留を皮切りに、DFボヌッチの電撃加入。ポルトガルの次代を担うストライカーのFWアンドレ・シウバ、ブンデスリーガからFK達人のMFチャルハノールと、高精度クロスが売りのDFリカルド・ロドリゲス、躍進のアタランタからMFケシエとDFコンティ、ベテランMFのビリアとDFムサッキオとレギュラークラスをこぞって獲得した。

▽獲得してきた選手たちの実力は確かなだけに、手腕に定評のあるミラン2季目のモンテッラ監督がいかに新戦力たちをスムーズにフィットさせていくかがスクデット争いに食い込めるかのポイントとなりそうだ。最低でも4位以内を確保し、チャンピオンズリーグ出場権を獲得することがファイナンシャル・フェアプレーを考慮するとノルマとなる。

◆スパレッティ招へいが最大の補強〜インテル〜
Getty Images
▽昨季は2度の監督交代を行うなど、不安定なシーズンを過ごした。そんなインテルにとってローマで好結果を残し続けてきたスパレッティ監督を引き抜けたのは、何よりの補強と言える。

▽なりふり構わない補強を敢行したライバルのミランに対し、インテルは要所に的確な補強を施した印象だ。リーグ屈指の攻撃陣に比べ、脆弱な守備陣にパワー系センターバックのDFシュクリニアル、リーグ・アン最高の左サイドバックと評されるDFダウベルト・エンリケを補強。そしてフィオレンティーナの中盤の要であったMFボルハ・バレロとMFヴェシーノを両獲りするなど、実力者を加えた。実績十分の指揮官と、ウィークポイントを確実に補った新戦力がうまく融合すれば、リーグ戦一本に集中できることもあってスクデット争いに十分絡める陣容と言えそうだ。プレシーズンマッチで一定の存在感を示して構想外を免れたDF長友佑都だが、ダウベルトとのポジション争いは厳しいものとなりそうだ。

◆SPAL、ベネヴェントは生き残れるか〜昇格組〜

▽例年、苦戦を強いられる昇格組だが、新シーズンも1年での復帰を果たしたヴェローナ以外は厳しい戦いを強いられそうだ。資金力にある程度余裕のあるヴェローナはFWカッサーノこそ電撃引退したものの、FWパッツィーニ、FWチェルチ、DFカセレスにDFウルトーとセリエAでの実績が十分な有力選手たちを揃え、残留できるだけの戦力を整えている。

▽一方でSPALとベネヴェントは苦戦必至のシーズンを送ることになりそうだ。まずはセリエBで優勝し、49年ぶりのセリエA昇格を果たしたSPALだが、守護神のGKメトレを再レンタルできたのは幸運だったものの、新戦力として獲得したのはFWパロスキにMFヴィヴィアーニ、DFマッティエッロにDFフェリペとかなり小粒な感は否めない。

▽そしてセリエBで5位となりながら昇格プレーオフでセリエA初昇格を勝ち取ったベネヴェントは、さらに苦しい。セリエBで15ゴールを挙げたFWコーダのみが期待できる新戦力で、彼以外はビッグクラブで出場機会を得られない若手のみと、セリエA残留を果たせれば偉業と言えそうだ。