【プレミア第2節プレビュー】スパーズvsチェルシーが開催!

写真拡大

▽開幕節1番のトピックは何といっても王者チェルシーの黒星スタート。前年チャンピオンは2選手の退場もあり、バーンリーに不覚をとった。一方で、昨季からの巻き返しを期するマンチェスター勢は共に快勝。アーセナルとスパーズのノースロンドン勢も白星発進に成功したが、リバプールはドロースタートとなっている。迎える今節、注目はスパーズvsチェルシーのロンドン・ダービーだ。

▽チェルシーは前節、ホームにバーンリーを迎えたが、2-3で敗戦。この試合で一発退場となったケイヒル、そして2枚のイエローカードで退場したセスクが今節も起用できない。さらに、マティッチを放出したセントラルMFのポジションはバカヨコも負傷中で起用できないため、主力級はカンテのみとなっている。スパーズの強力攻撃陣を抑えるため、コンテ監督がどのような人選、システムで臨むのか注目だ。

▽一方のスパーズはニューカッスルとのアウェイ戦をデレ・アリとベン・デイビスのゴールにより2-0で制し、上々のスタートをきった。いつも序盤戦にゴールができないケインが開幕節にネットを揺らせなかったのは残念だが、ウォーカーを放出した上にトリッピアーが負傷中の右サイドバックでは若手のカイル・ウォーカー=ピータースがまずまずのパフォーマンスを披露。新スタジアム建設中で今季にホームとなるウェンブリーでの戦いは未知数だが、王者を連敗に追い込む勝利を手にすれば最高のスタートとなる。

▽ユナイテッドはウェールズに赴いてのスウォンジー戦。開幕節では、新戦力のルカクが2発、さらにマルシャルとポグバにもゴールが生まれ、4-0と大勝した。そして何よりも明るい材料が、新加入のマティッチが秀逸なパフォーマンスを披露して早くもチームのオーガナイザーとして輝いたことだろう。昨季よりも着実に戦力を上げたチームはカウンターの威力もアップ。開幕節のサウサンプトン戦をドローで終えたスウォンジーとのアウェイ戦でも3ポイントを見据えることができる状況だ。

▽マンデーナイトのシティvsエバートンも注目だ。シティは開幕節、昇格組のブライトンを相手にアグエロのゴールとオウンゴールで2-0と完勝した。スターリングやサネ、ベルナルド・シルバが途中出場した開幕節からも分かる通り、選手層とその質の高さを改めて感じさせた。エバートン戦では、相手もより前に出てくることでスペースが生まれるため、格下に引かれる試合より攻撃力が生きる展開となりそうだ。対するエバートンは、新戦力GKピックフォードの活躍と復帰したルーニーの決勝弾でストークに1-0で勝利した。ここでシティに一泡ふかすようなら、早くも今季のプレミアに旋風を巻き起こす候補として注目を浴びることになるだろう。

▽そのほか、レスター・シティとの激しい打ち合いを4-3で制したアーセナルは、ストークとのアウェイ戦。ワトフォード戦の3-3ドローから今季初勝利を狙うリバプールは、開幕節でハダースフィールドに0-3で敗れたフランク・デ・ブール率いるクリスタル・パレスをアンフィールドに迎える。そして、レスターはホームでのブライトン戦。イヘアナチョを退けて開幕スタメンとなって結果を残した岡崎の2戦連続弾に期待だ。

◆プレミアリーグ第2節

▽8/19(土)

《20:30》

スウォンジー vs マンチェスター・ユナイテッド

《23:00》

リバプール vs クリスタル・パレス

レスター・シティ vs ブライトン

バーンリー vs WBA

ボーンマス vs ワトフォード

サウサンプトン vs ウェストハム

《25:30》

ストーク・シティ vs アーセナル

▽8/20(日)

《21:30》

ハダースフィールド vs ニューカッスル

《24:00》

トッテナム vs チェルシー

▽8/21(月)

《28:00》

マンチェスター・シティ vs エバートン