セレッソ杉本、好調の要因とは? データが示した “全方位型ストライカー”への覚醒

写真拡大 (全5枚)

7月以降に出色のパフォーマンス 自身のJ1年間最多ゴール数を更新中

 今季3シーズンぶりにJ1に参戦しているセレッソ大阪は、開幕から2分1敗とスタートダッシュに失敗したものの、3月18日に行われた第4節サガン鳥栖戦(1-0)で初勝利を収めると波に乗った。

 その後4カ月間でわずか1敗(12勝3分)と快進撃を続け、第17節FC東京戦に3-1で勝利すると、2005年11月以来、約12年ぶりにJ1首位の座に立った。

 その好調なチームで出色のパフォーマンスを見せるのが、4-2-3-1システムで1トップを務めるFW杉本健勇だ。今季からユン・ジョンファン監督が率いるチームで開幕からレギュラーの座をつかむと、第7節ガンバ大阪(2-2)で今季初得点を含む2ゴール。4月、5月と3得点ずつ決め、6月は無得点と一度勢いは下降するも、7月に爆発する。前述した第17節FC東京戦で1ゴールを決めると、第18節柏レイソル戦(2-1)、第22節浦和レッズ戦(4-2/日程の関係で前倒し開催)、第19節ガンバ大阪戦(1-3)、第20節北海道コンサドーレ札幌戦(3-1)と5試合連続7ゴールを決めてみせた。

 第21節清水エスパルス戦(2-3)で連続ゴールは途切れたが、気づけば13得点でゴールランキングの最上段には、序盤破竹の勢いを見せていた興梠慎三(浦和)と並んで「杉本健勇」が立っていた。

 すでにJ1における自身キャリア最多ゴール数となっているが、今季の杉本は何が変わったのだろうか。

 過去数シーズンのデータと比較した際、スプリント数や空中戦勝率など、個々のデータには大きな変化は見当たらなかった。しかし「個々の数値が変わらなかった」なかで「結果が表れている」ため、杉本のプレーエリアの変化や選択するプレーの変化を確認すると、興味深いデータが見て取れた。

あらゆる方向からのパスをゴールにつなげる

 まず比較したのは、過去3年と今シーズンの「ゴール時に杉本がボールを受けた方向」である(DATA-1参照)。これまでは中央から出てきたボールを決める傾向が強かったものの、今季はピッチのあらゆる方向からのパスでもフィニッシュにつなげていることが分かる。

 また、ゴールを決めた位置を分布図にすると、昨季までは左サイドハーフを務めることが多かったためか、やや左に偏ったフィニッシュ傾向にあったが、今季は中央に密集する傾向が高い(DATA-2参照)。

 そして最も大きく変化したのは、[DATA-3]で示したゴールパターンだ。昨季まではこぼれ球やディフレクションなど、流れのなか以外での得点傾向も高い。杉本は上背があるため、頭での得点が多いと思われがちだが、過去3年間は頭が24%、左足が20%、右足で56%となっており、セットプレー時でもこぼれ球で押し込むケースは少なくなかった。

 ところが今季はクロスからの得点パターンが圧倒的に増えており、クロスからの得点やヘディングシュートの得点はすでにキャリアハイとなっている。

様々な試合展開のなかでゴールを記録

 そして特筆すべきなのは、今季の杉本は試合のあらゆる状況でゴールを決めている点だ。[DATA-4]を見て分かるとおり、先制点、同点弾、追加点、勝ち越し弾とバランス良く取っていることが、チームメイトからの信頼をさらに高めているのかもしれない。

 ともに攻撃陣を牽引してきたMF山村和也は、残念ながら全治5週間の怪我を負った。杉本へのマークが増える可能性は高いが、悲願のJ1初優勝のためにも、さらなるゴール量産は必須。それぞれの役割を全うさせるトレーニングを積み、的確な指示を与えるユン・ジョンファン監督の手腕も忘れてはならないが、全ての人の想いを乗せたボールをフィニッシュにつなげる杉本が、リーグ終盤戦もキーマンとなるのは間違いない。

データ提供元:InStat

【了】

Evolving Data labo●文 text by Evolving Data labo

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images