グリゴール・ディミトロフ【写真:Getty Images】

写真拡大

W&Sオープン準々決勝、身長191cmのディミトロフがライン際にダイブ

 連日熱戦が繰り広げられている男子テニスのウェスタン&サザン・オープン。準々決勝で“魂のダイビングボレー”が飛び出し、ATP中継サイト「テニスTV」の公式ツイッターは「ライン際に体を投げ出した!!」と動画付きで紹介。実況も思わず「ダイナミックなプレーが飛び出した!」と叫ぶなど、観る者を魅了している。

 ハードコートで華麗な横っ飛びを見せたのは、世界ランキング11位のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)だ。

 準々決勝の世界ランク46位・杉田祐一(三菱電機)戦。強烈なサービスで主導権を握ったディミトロフは、クロスの打ち合いからストレートに切り替えて揺さぶりをかける。相手の返球が甘くなったところを見逃さず、敵陣にクロスを打ち込むとネットプレーに持ち込んだ。

 杉田のバックハンドショットをボレーでがら空きの逆サイドへ流し込んだが、追いつかれて強烈なダウン・ザ・ラインを打ち込まれた。ネット際に前進していたディミトロフにとっては対応が難しい場面――。しかし、次の瞬間、彼の体は考える間もなく動き出していた。

 鋭いショットに反応すると、瞬時にダイブ。191センチの長身を目いっぱいに伸ばし、右手一本でボールをラケットに当てた。すると、ボールは敵陣へポトリ。これには杉田も予期することができず、一歩も動けないまま、ボールがバウンドするのを見つめるばかりだった。

実況も思わず興奮「ディミトロフにダイナミックなプレーが飛び出した!!」

 “魂のタイビングボレー”にギャラリーは拍手喝采。実況も「ワォ、ディミトロフにダイナミックなプレーが飛び出した。コースにトップレベルのショットを打ち込んで、このゲームを刈ってみせた!」と興奮気味にレポートした。

 ATP中継サイト「テニスTV」も、公式ツイッターで「ライン際に体を投げ出した!! ディミトロフが絶対的な支配力を示す」と動画付きで速報。これにはファンから「ワォ!! 輝き放つグリゴール」といった驚きの声が寄せられた。

 ディミトロフは快進撃を見せていた杉田を寄せ付けず、わずか52分でストレート勝ち。世界ランク19位のジョン・イスナー(米国)との準決勝を制し、自身初となるマスターズ1000大会での決勝進出を果たせるか、目が離せない。