久原本家グループ本社 代表取締役社長 河邉 哲司

写真拡大

■「食の安全」への道、ミラノで感じた風

2002年5月、スローフーズ課を新設した。いまの農業生産法人・美田の前身で、課員は4人。創業の土台である醤油など古来の醸造技術を学び直し、固定観念にとらわれず、自然食で伝統的な調味料をつくってみたい。前々から脳裏にあったその夢に挑戦するためで、47歳になった翌月だ。

4年前にイタリアを訪ねたのが契機となる。ミラノ在住の知人女性が「久原の明太子でスパゲティをつくったら、イタリア人が『美味しい』と喜んだ。売り込みにきなさいよ」と言ってきたので、遠くて気は進まなかったが、独りフランクフルト経由でいった。

明太子の販売は、流通経路がないので無理だと、すぐにわかる。でも、何人か日本人が集まっていたとき、「自然食で伝統的な調味料」の話をすると、1人の男性が「それ、スローフードじゃないですか」と言った。そんな言葉は知らず、尋ねると、イタリア北部のブラという町で始まったある種の社会運動だ、と教えてくれた。

1980年代半ば、ローマに米国型のハンバーグ店ができたとき、イタリア人の間に「ファストフードにイタリアの食文化がつぶされる」との危機感が生まれた。伝統的な食文化、とくに地域の食材を大事にする運動が起き、対抗して「スローフード」と呼んだ。男性は、そんな説明をしてくれた。

なるほど、と頷く。この動きは世界に広がり、日本にもくるのではないか。「安全・安心」が重視され、食材がどうつくられたのかが重要になるな、と考えた。帰国後、スローフードの発想を新たなブランドにつなぎたい、と勉強を始める。新しい風に、反応した。

2000年の初め、日本で次々に「食の安全」を揺るがす事件が起きた。牛乳メーカーで、工場が停電中に増殖した菌から毒素が出ていたのに、必要な措置をせずに出荷し、大規模な食中毒を招く。肉骨粉を使う食品会社で、牛海綿状脳症いわゆる狂牛病が確認されて、肉骨粉の製造や輸入が停止となる。さらに、輸入牛肉を国産とする偽装も、相次いだ。

消費者は衝撃を受け、「食の安全」が社会問題化し、ミラノで感じた予感は当たる。一方、「博多からしめんたいこ」と「キャベツのうまたれ」の2つの自社ブランドの売上高は、全体のまだ2割。大手食品に相手ブランドで納入するOEMが中心で、前編で触れた「OEMを切られたら、会社は危ない」との不安は、消えない。

久原本家は、もともとが醤油の醸造業。あるとき、ふと「醸造から川上へずっと上っていくと、何なのか」と思い、閃いた。「そうか、大豆や米、小麦だ。農業をやろう」。そう決めて、冒頭のスローフーズ課が生まれた。2年後には農業生産法人に衣替えし、農業が蓄えてきた先人の知恵を追う。

2005年9月、福岡県久山町の本社近くに、自然食レストラン「茅乃舎」を開業した。ただ、ここが無添加の新製品の発信基地になるとは、考えていない。若いときに可愛がってくれた叔父が、福岡で郊外レストランを切り盛りし、成功した。叔父は早世したが、子どもがなく、「お前が継げ」と言われていた。そのつもりでいたら、父に醤油会社を継がされた。でも、いつかレストランに挑戦したいとの思いは、残っていた。

周囲は「そんな不便なところにレストランなんて、お客はこないぞ」と反対した。でも、当たり前のことをやっていたら、突破口は開けない。旧来の考え方は、棄てた。「日本のスローフードの決め手は出汁、それもアゴの出汁だ」と出した結論に、勝算もあった。アゴは飛び魚のことで、九州には雑煮の出汁に使う家庭が多い。博多の名物の1つになればいいくらいの気持ちで、始めた。

都会から離れた地でも、お客は車できてくれた。「十穀鍋」と名付けたメニューをつくると、「出汁が美味しい。家庭でも、こういう出汁で簡単に本格的な料理がつくれたらいいね」と言ってもくれた。試しに、通信販売で「茅乃舎だし」を売ってみる。OEM用に小袋入り醤油をつくる機械があったので、一回ずつ使う小袋入りにして、カタログに見本を付けた。無添加、美味しい、そして便利だと、口コミで大ヒット。3つ目の自社ブランドとなる。

■躊躇した東京進出、「働く女性」に人気

「濯去舊見、以來新意」(舊見を濯い去り、以て新意を來たす)――古い意見は棄て、新しい意味を考え出すとの意味で、中国・宋の朱子らの撰による“近思録”にある言葉だ。何か疑問を抱いたら、それまでの古い考え方にとらわれず、新しい発想を持つように説き、「茅乃舎のだし」に至る過程でいくつもの古い考えを否定した河邉流は、この教えに通じる。

2010年4月、東京・六本木のミッドタウンに「茅乃舎」を開店、出汁をはじめ保存料無添加の調味料や食品を、首都で売り出した。調理を実演し、お客に試食してもらう形にして人気を集め、以来、全国に展開している。

実は、5年前にきた最初の出店依頼は、辛子明太子の店。「明太子は博多にあってこそのもの」と断ったが、再び依頼があり、今度はたまたま博多の百貨店に「茅乃舎だし」の売り場を開いたときだった。相手はそれをみて「こちらがいい」と言う。その後、先方の社長とやりとりがあり、「1年後の売り上げをみて判断したい」と話すと、「1年後に出てもいい」と解釈された。売り場の候補地を1年だけ借りるテナントをみつけたと言い、外堀は埋まった。

時代は、外食から惣菜などを買ってきて自宅で食べる中食へと分散し、ときには家で手料理を食べる内食の風も吹き始めていた。しかも、働く女性が増え、一から出汁をとる時間もない。安全志向は、さらに強まっていく。メディアが、地域生まれの「地調味料」を取り上げてくれた。そういうことが重なって、風に乗れた。思い返せば、イタリアへ嫌々でもいったのがよかったのか、とも思う。

でも、「濯去舊見」を忘れ、いつまでも現状に居続けていたら、先は厳しい。これからは、低カロリーで栄養のバランスがいい日本食は、ますます世界に広がるだろう。ただ、外食事業を展開するつもりはない。昨夏にベトナムに開いた初の海外店は、本物の和食の発信地にするが、いろいろな点で勉強するのが狙いだ。日本を訪れる外国人が大きく増えた時代、和食の力でそれに応えるには、多様な人々が味わい楽しめるように、もっと自社ブランドがほしい。そのために、スローフードのような風を、つかみたい。

これまでに椒房庵の明太子、各種のたれ、茅乃舎の出汁をブランドに揃え、「3本の矢」と言ってきたが、最近は「5本の矢」と口にする。なぜなら「茅乃舎だし」は、もうこれ以上に、大きくしたくない。あまりに大きくなると、必ず、いろいろな問題が出る。無理をして店を増やし、増産するという愚かな道に走る。それはしたくないから、次なるブランドを創り出したい。名だたるブランド企業は、そこがしっかりしている。

まだ社内にはあまり話していないが、いま2つ、考えている。1つは2年くらい先になるが、もう1つは2月末にある地へ出張し、独断で固めた。「あっ、これ、絶対に面白い」と閃きがあった。もちろん、お客たちに喜んでもらうには、「濯去舊見」は怠らない。

----------

久原本家グループ本社 代表取締役社長 河邉 哲司(かわべ・てつじ)
1955年、福岡県生まれ。78年久原調味料(現・久原本家食品)入社。96年くばらコーポレーション社長。2004年、農業生産法人「美田」を設立。05年レストラン「茅乃舎」を開業、「茅乃舎だし」を発売。13年久原本家グループ本社を設立、社長に就任。

----------

(久原本家グループ本社 代表取締役社長 河邉 哲司 書き手=街風隆雄 撮影=門間新弥)