ヌード写真展「エロスの競演」が銀座に、田原桂一やベッティナ・ランスら6人の作品を展示

写真拡大

 世界的著名作家によるヌード写真展「エロスの競演」が、銀座のArt Gallery M84で開催される。会期は10月2日から11月4日まで。
 同展では、第7回東川町の海外作家賞を受賞したヤン・サウデックや、「シャネル(CHANEL)」のムービーを手掛けたことで知られるベッティナ・ランス、ジャンルー・シーフ、イリナ・イオネスコ、服部冬樹、6月に逝去した田原桂一といった6人の写真家によるヌード作品を展示。ベッティナ・ランスが本能的な女性達の姿を捉えた作品をはじめ、イリナ・イオネスコによるバロック調の退廃的な雰囲気が漂う作品や、田原桂一がフランス展覧会に出品した作品など約30点が展示される。