1位:50V型 ULTRAHDTV 4K液晶テレビ

写真拡大

さまざまな人気商品が登場した’17年上半期だが、その陰でマニアなど一部の間で話題になった“裏ヒット商品”も少なくない。そこで各分野の専門家たちに上半期の知られざる裏ヒット商品の数々を挙げてもらった。

◆便利だけどワケあり。今が買いの裏ヒット家電

 まずは家電・ガジェット。デジモノライターの板倉正道氏が下半期も注目する裏ヒット商品1位は、ドン・キホーテが販売するオリジナルブランドの「50V ULTRAHD TV 4K液晶テレビ」。その理由として、「今話題のあの企業が関係している」と話す。

「実は、操作と画面上のズレを極力排したゲームモードと呼ばれる機能が搭載されているのですが、これは東芝『REGZA』についていた機能。それでいて、本家より安く買えることで“ジェネリックREGZA”と呼ばれています」

 ネット上では「2社の共同開発では?」との噂も流れたが、ドンキ側はこれを否定している。

「製品に東芝映像ソリューションが外販している基板を使用していたため、スペックが似ていたわけです。高性能4Kテレビが安く買えると購入者が殺到した結果、生産が追いつかなくなり、現在は予約生産販売を中止しています」

 続く2位の「NeuroSky MindWave Mobile」は、人間の脳波が測定できるヘッドセット。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1380264

「これまで専門機関に行かないとわからなかったアルファ波やベータ波など5種類の脳波が簡単に調べられ、リラックスや興奮など脳が現在どんな状態にあるのかが一目でわかります。しかも、脳波と連動させたアプリの数は100種類以上。ゲームで楽しみながら脳トレで集中力アップを図ったり、瞑想による不安やストレスの解消をサポートしてくれます」

 そして、3位は「Xiaomi Redmi Note 4X」という日本のユーザーには馴染みの薄い中華スマホ。中国製と聞くと低品質な印象を抱きがちだが、これは高品質低価格のコスパに優れたアイテムとして話題になったんだとか。

「今年、初音ミクとコラボした限定モデルの発売で一部ファンの間で注目されたスマホです。コラボ品は4万9800円なのに、非コラボ品は中身が同じで販売相場はその半分以下。超高速指紋認証やバッテリー寿命の長さ、ソニー製のセンサーを組み込んだカメラなど価格以上にハイスペックです。ただし、外装は材質的に安っぽく、落としたら一発で壊れる可能性もあります。丈夫なスマホケースに入れて使うのがいいでしょうね」

 ちなみに4位の非分離型中華タブレット「VOYO VBOOK V3 Apollo version」も外装の強度には若干の不安を感じるという。

「キーボードを含めたボディ全体のプラスチック感が強いですね。でも、CPUは低価格ながらPentium N4200ですし、ストレージやバッテリーの容量も多い。デスクワークで使うならこれで十分。3万8000円ほどで手に入るならお得です」

 そして、5位に挙げたのは、VR用ゴーグル市場で人気があるメガハウスの「BOTS NEW VR」。

「スマホをセットすれば遊べるVRゴーグルで、ドラゴンボールZなどの専用ゲームアプリにも対応しています。今年の日本おもちゃ大賞で優秀賞を受賞しており、子供も大人も楽しめるはずです」

 定番ではないが、通が認めるアイテムばかり。持っていれば周りに自慢できること間違いなしだ。

<裏ヒット商品 家電・ガジェット編>

1位 50V型 ULTRAHDTV 4K液晶テレビ
参考価格5万9184円。他社製品より大幅に安く、家電業界に衝撃を与えたドン・キホーテの激安4Kテレビ。早期の販売再開を望む限りだ

2位 NeuroSky MindWave Mobile
参考価格1万3599円。脳波をデジタル信号に変換し、各対応アプリで確認できるようになっている

3位 Xiaomi Redmi Note 4X
参考価格1万6500円。液晶の色みはiPhoneや国産スマホにやや劣るが、タッチパネルの操作性は快適。

4位 VOYO VBOOK V3 Apollo version
参考価格3万8000円。128GBと大容量の内蔵ストレージにWi-Fiも5GHzに対応するなど、スペックも以前より向上

5位 メガハウスBOTS NEW VR
参考価格9990円。製品に同梱された指センサーがコントローラー代わりとなっている

6位 PLANEX 忠継大王 MZK-EX 750NP
参考価格4682円。無線LANの電波を中継。Wi-Fi利用範囲を拡げて回線速度をアップできる

7位 PLANEX スマカメ CS-QR20
参考価格9190円。動きを検知してスマホに連絡する防犯カメラ。赤外線LEDで夜間でも安心

8位 ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット MDR-1000X
参考価格3万7800円。高感度マイクも内蔵。スマホと連動させればヘッドホンのまま通話可

9位 fitbit alta HR
参考価格1万9407円。心拍数も測れる。スマートウォッチの代わりのような使い方もできる

10位 NEEWER TT560
参考価格2999円。ミノルタマウントのソニーには非対応。値段の割にストロボ性能は高い

― 上半期→下半期 裏ヒット商品ベストバイ ―