18日、中国のポータルサイト・今日頭条に、外国人が我慢ならないという日本の変な文化について紹介する記事が掲載された。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

写真拡大

2017年8月18日、中国のポータルサイト・今日頭条に、外国人が我慢ならないという日本の変な文化について紹介する記事が掲載された。

記事は、多くの中国人は日本旅行で「何が買えるか」に主な関心を寄せているが、実際に日本へ行ってみると「我慢ならない」習慣や文化が多くあると指摘した。

その1つが「公共の場所では鼻をかんではならないこと」だ。日本ではトイレに行って鼻をかまなければならないというのは理解できないとしたが、公共の場所でも手鼻をかむ一部中国人のことの方が日本人にとっては理解不能だ。2つ目は「チップを支払わないこと」だ。中国にもチップの習慣はないが、西洋人からするとおかしな感じがするという。

3つ目は「満員電車の押し屋」だ。満員電車では駅員が白い手袋をして無理やり電車に押し込むので、ラッシュ時の電車の利用は避けた方がいいとした。4つ目は「水や酒を飲むときに、先に相手に注ぐこと」だ。日本では自分のグラスに先に注ぐことはマナー違反とされると紹介した。

これに対し、中国のネットユーザーからは「一番慣れないのが日本人は礼儀正しすぎることだ」「日本が中国より清潔であることが一番受け入れられない」などのコメントが寄せられた。

また、「文明的な国はどこも自分を律する。そういうところへ行くと我慢ならなくなってしまうのか?」「すべて日本の良いところじゃないか。中国は日本に学ぶべき」という意見もあり、多くのネットユーザーが日本の良いところだと感じたようだった。(翻訳・編集/山中)