イ教師(左)が、コ教師(右)に自身の授業案が盗用されたと主張し、バトルを繰り広げている

写真拡大

 韓国の有名なネット塾で人気の美女講師二人が、SNS上で熾烈なバトルを繰り広げている。

 話題となっているのは、EBS(韓国教育放送公社)という公営教育専門の放送局が運営するインターネット塾で2016年まで講師を務めたイ・ダヂ氏。

 担当教科は世界史や韓国史。TVやメディアなどにも度々登場しており、容姿端麗、スタイル抜群の美女教師だ。彼女の授業スタイルはあらかじめ年表を黒板に書いておき、そこに授業内容を書き足していくようなスタイル。歴史の流れを一目で理解でき、視覚化するのに最適な方法なので、自身の容姿に併せ授業内容でも抜群の人気を得ている。

 イ氏は先月29日にインスタグラムを更新。そこで同僚講師のコ・アルム氏の授業写真を載せ、手に持っている教材資料が、自身が作ったものだとして「盗用された」と紛糾している。写真では少しわかりにくいものの、イ氏は確固たる「証拠」もつかんでいるという。

 自身の作った年表では、ミッドウェイ海戦が1943年まで続いた、と誤表記してしまったのだが、コ氏が配った年表にも全く同じミスがされていたとのこと。それだけでなく、年表の枠の仕切り方まで全てがイ氏の年表と同じなのだ。

 さらにイ氏は、「(このような教材の盗用は)今に始まったことではない」とした上で「2015年から約2年間もの間、私の教材は使い回されており、塾側とも長きにわたって著作権に関して協議してきたが、解決しなかった」と暴露した。

 しかし、今回の暴露の目的は「相手側(コ・アルム氏)からの正式な謝罪を求めるとともに、今後、著作者名と引用元の明示を求める」とし、特に争う考えはないと強調した。

 一方で同僚講師のコ・アルム氏も、美貌、授業内容ともに人気の講師だ。イ氏にいきなり盗用疑惑をかけられ、批判された彼女もまた、自身のインスタグラムを通して「某氏が指摘している教材の盗用疑惑は、事実ではない」と反論している。また、コ氏は正式な順序を踏まず、イ氏が行ったSNSでの突発的な暴露について「名誉毀損にあたる」とし、今後の「法的対応」を予告した。

 EBSが運営するネット塾は年間3000円程度の会費を払えば、大学受験の全科目について、カリスマ講師による講義の動画を、インターネットを介して、誰でも、どこからでも受講できる。日本のNHK講座などに似ており、学生以外にも語学関係の講座など、一般の人も多く利用している。したがって、数あるネット塾の中でもユーザー数は圧倒的に多い。

 今回の騒動によって、イ氏派、コ氏派に分かれたユーザーがそれぞれのコメント欄に誹謗中傷を書き込む事態にまで発展しており、両氏はインスタグラムの「非公開」設定を余儀なくされている。

◆個人的な紛争がSNSを巻き込んで拡大される時代

 近年、多様性を増しているSNSなどによる「ネット告発」。

 日本でもその事例は増加傾向にあり、中でも企業の不祥事や悪評を元にした、ネットでの告発が相次いでいる。いずれも、「告発」の発信元は個人ユーザーで、SNSを通じて企業や個人を直接批判することで、企業の不祥事などが明らかになっている。また、先月にはおしどり夫婦として知られていた芸能人が妻側からの唐突な「告発動画」をきっかけに、離婚騒動までに発展している。

 いまや誰もがスマートフォンを持ち、どこにいてもインターネットを簡単に使いこなせるようになってきた時代。誰がどこからでも世の中へ向けて情報発信が可能となったというその手軽さは、災害時や緊急時には有益なものとなるが、一方では大きな問題を引き起こす要因ともなっている。SNSにはその手軽さゆえに、モラル意識を伴わない無責任な情報発信を助長する側面がある。本来ならば当人のみが知る事実関係でさえ、なんの制約を受けるでもなく、一気に数百万ものユーザーへと知れ渡る。書き込まれた事実の真偽をユーザーが判断するのは難しい。そのような信憑性の乏しい情報が流通した結果、被害者や名指しを受けた企業は信用を大きく損なう危険性がある。現に数多くのSNSサイトは「フェイクニュース」という、いわばデマへの対策を強化している。