アントニオ・コンテ監督【写真:Getty Images】

写真拡大

 チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督は、FWジエゴ・コスタの去就に関心がない。会見の様子を英メディア『スカイ・スポーツ』が伝えている。

 コンテ監督の構想外となっているジエゴ・コスタは、アトレティコ・マドリーへの移籍を望んでいる。「チェルシーには戻らない」と宣言し、現在は取引実現のために移籍金の引き下げを求めているところだ。

 会見でジエゴ・コスタについて問われたコンテ監督は大笑い。「チェルシーで働いている人間は誰でも昨シーズン起きたことをよく知っている」と話し、「この話題を続けるつもりはない。私にとってはもう過去だよ」とした。

 ただし、チェルシーの広報担当は、ジエゴ・コスタはロンドンに戻って練習に参加しなければいけないと語り、クラブとしての立場をはっきりとさせている。

 コンテ監督にとって過去だとしても、ジエゴ・コスタはまだチェルシーの選手。移籍はまとまるのだろうか。

text by 編集部