はるな愛が、8月19日放送の『おかべろ』(カンテレ、毎週土曜14:24〜)にゲスト出演。「世界一のニューハーフ」の称号を獲得した時の知られざるエピソードを告白する。

この番組は、テレビ局近くのダイニングバーを舞台に、常連客の岡村隆史(ナインティナイン)と店主の田村亮(ロンドンブーツ1号2号)が、有名人から“ここだけ”の話を引き出していくシチュエーショントークバラエティ。

席に着くと、以前ナイナイと共に参加した沖縄の西表島でのロケについて話し始める。ロケの夜、はるなはビキニを着て、岡村と2人きりでプールに入ったそう。その時の岡村がかっこよかったと言い、思わず「ギュッと抱きしめあってもらっていいですか?」と聞いてしまったものの、岡村に「ええよ!」と言われ、プールの中で抱きしめあったのだとか。岡村は当時を振り返り「ごっつきれいに見えた!」と語るなど、まんざらでもなかった様子。はるなはこのハグで岡村にメロメロになってしまったと明かし、この日、岡村と久しぶりにハグをすることに。しかし、岡村の感想に、はるなは激しくツッコミを入れる展開に……。

そして、話題は「世界一のニューハーフ」の称号を獲得した時のエピソードに。はるなは「優勝したら、1年間は“世界一”としての仕事に専念したい」とマネージャーに申し出て臨んだが最初の結果は惜しくも4位。その2年後の再挑戦で、レベルの高いタイのニューハーフが参加する中、ついに優勝を果たした。優勝までには、自衛隊が使う高気密の防護服でトレーニングをしたり、エステに行ったり、英会話を学んだりと、相当な苦労があったのだとか。やっとの思いで優勝し「世界一」になったものの、あることにショックを受けたと告白する。

また、45歳になったはるなは、美容にはかなりこだわっているようで、お気に入りのアイテムを自宅で使いながら紹介するVTRが流れる。プロのヘアメイクが使う高級なドライヤーのほか、毛穴の奥の汚れまで取れるという機械など、続々と登場するのだが、実際に使っているはるなの衝撃の姿に、岡村も亮も驚きを隠し切れない。さらに、はるなと共に店を訪れた、メイクの“たむたむ”こと田村俊人が、はるなの“困った一面”を告白。たむたむからのクレームに、はるなは「もう、どうしようもない……」と落胆してしまう。