村上虹郎、寛一郎、尾野真千子、門脇麦、林遣都と廣木隆一監督

 Hey! Say! JUMPの山田涼介が18日、都内でおこなわれた映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(9月23日公開)完成披露試写会に、共演の西田敏行らとともに登場。西田から米俳優の「ジェームズ・ディーンのようだ」と称賛を浴びながら、そのコメントにツッコミを入れて笑いを誘う場面があった。この日は共演の村上虹郎、寛一郎、尾野真千子、門脇麦、林遣都と廣木隆一監督も登壇した。

 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は、作家・東野圭吾氏の小説を実写化した映画作品。手紙で現在と過去をつなげる不思議な雑貨店を舞台に、養護施設育ちの若者と、町の人の悩み相談を聞く店主、そしてそれを取り巻く人々の時空を超えた心の交流を描く。悩み相談に触れるうちに、心変わりしていく主人公を山田、それを取り巻く少年を村上、寛一郎が担当、悩み相談をおこなう雑貨店の店主を西田が演じる。

 西田は本作のキャスト、スタッフ陣との撮影を振り返り「これだけの日本映画をけん引する才能たちがここにいるんです。こんな贅沢なことはない」と称賛。特に山田ら3人に対しては「初めての感じがしない。なぜなら3人が、僕が子供のころや青春期に見た映画のキャラクターと、感性が重なったんです」とデジャブを感じたことを訴え、山田が映画『エデンの東』に出演したジェームズ・ディーン、村上がポーランド映画『灰とダイアモンド』のズビグニエフ・チブルスキー、寛一郎が実の祖父となる故・三國連太郎さんとイメージを重ねていたことを明かし、絶賛する。

西田敏行

 すると山田が「一言いいですか?」と物言いを入れ「雑誌の取材を一緒にやらせていただいたときに“ジェームズ・ディーンと重なる”と言われてすごく嬉しかったんですけど、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』のパンフレットを読んでいたら『林遣都くんがジェームズ・ディーンに重なった』って書いてあって…」とツッコミを入れ、西田はしどろもどろになりながら「いや、ジェームズ・ディーンもいろんな作品で違いますからね。遣都くんの場合は…『理由なき反抗』か何かよくわからないけど…」とグダグダの言い訳になり、会場に笑いを誘っていた。

 また本作は9月23日の日本公開前に、中国、香港、台湾、韓国、シンガポール、マレーシアでの公開も、さらに釜山国際映画祭の招待も決定している。そんな状況を山田は「原作がすごくアジアで愛されているというのは聞いていたんですが、映画化のほうも世界に歩み始めるということで、いろんなところで見ていただいて、感想をいただければと思います」と喜びを表しながら、様々な評価を期待する様子を見せていた。【取材・撮影=桂 伸也】

林遣都 村上虹郎、寛一郎、尾野真千子、門脇麦、林遣都と廣木隆一監督 西田敏行