「創薬」と「再生医療」というゲノム医療の両翼が動き始めている(depositphotos.com)

写真拡大

 必要は発明の母、挑戦は進化の父――。

 日々加速する「ゲノム医療」のイノベーションは、まさに必要と挑戦の大釣果だと実感させられる。「創薬」と「再生医療」というゲノム医療の両翼が、逞しく動き始めているからだ。

がん患者の遺伝子変異に有効な「分子標的薬」の治験がいよいよスタート

 まずは「分子標的薬」の創薬だ。

 国立がん研究センター(東京)は、患者が少ない肉腫や脳腫瘍などの希少がんに対する新たなゲノム医療の産学共同プロジェクトを立ち上げ、がん患者の遺伝子変異に有効性が見込まれる「分子標的薬」を使った臨床試験(治験)を、この秋から進めると発表した(「読売新聞」2017年7月31日) 。

 遺伝子変異をターゲットにがんの増殖を防ぐ「分子標的薬」は、がんの種類は異なっても遺伝子変異が同じであれば、同一の「分子標的薬」が有効であるケースが多い事実が判明している。

 国立がん研究センター中央病院は、2013年から、がんに関連する100種類以上の遺伝子変異を解析してきた。共同プロジェクトは、遺伝子変異タイプが判明した希少がん患者を対象に、がんの種類に関係なく、それぞれの遺伝子変異タイプに対応する「分子標的薬」の治験を進める。合わせて、希少がんの遺伝子変異と患者情報を登録したデータベースを構築し、継続して新規の治験が実施できる態勢も整備する。

 京都大学病院も今年度中にプロジェクトに参入し、治験薬や共同研究費を提供する製薬企業は11社が参加する予定だ。

 国立がん研究センターの中釜斉(ひとし)理事長は、患者の少ない希少がんは、企業の参入が少ないため、治療薬の開発が遅れがちだが、プロジェクトを通じて企業と連携し、積極的に開発を進めたいと、読売新聞の取材に対して語っている。

細胞増殖に関わる分子だけをピンポイントで阻害するため、有効性が高く、副作用が弱い

 「分子標的薬」は、がん細胞の特異的な性質や機能(作用機序)を活用し、ゲノムレベルや分子レベルで効率よく作用するように開発した薬だ。「低分子医薬品(低分子化合物)」と「抗体医薬品(モノクローナル抗体)」に分かれる。

 「分子標的薬」は、がん細胞を狙って作用するので、副作用を抑えながら治療効果を高めることができる。たとえば、血液のがんである白血病(慢性骨髄性白血病)や消化管間質腫瘍の治療薬「イマチニブ」は、異常なたんぱく質の働きを阻害し、がんの増殖を抑える。

 つまり、「抗がん剤」は細胞傷害を狙うが、「分子標的薬」は細胞増殖に関わる分子だけをピンポイントに絞り込んで阻害するため、有効性が高く、副作用が弱い。

 このような「分子標的薬」の開発が進めば、入院が必要な患者でも、通院治療や在宅治療ができるので、患者が高いQOL(生活の質)を保ちながら治療に専念できる大きなメリットがある。

「iPS細胞」を活用した希少難病の治療薬の治験がついにスタート!

 さて、次のトピックは「iPS細胞(人工多能性幹細胞)」を使った画期的な創薬だ。

 京都大学iPS細胞研究所の戸口田淳也教授と池谷真准教授らの研究グループは、筋肉の中に骨が生じる希少難病「進行性骨化性線維異形成症(FOP)」の進行を遅らせる候補薬をiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使って発見したため、近く治験を始めると発表。iPS細胞を活用した創薬の世界初の治験となる(「京都新聞」2017年8月1日)。

 すべての治療薬は、治験によって有効性や安全性を確認した上で、厚労省の承認を受けなければならない。iPS細胞から組織を作り移植する再生医療は、国内では角膜再生の研究や軟骨が十分に作られない軟骨無形成症に、高脂血症薬「スタチン」が有効と確認した研究などがあるが、治験に至った例はない。

 発表によれば、研究グループは、患者がFOPを発症すると、ケガなどの炎症時に増加するアクチビンAが骨形成に関わる受容体に結合し、骨化を促進する事実をまず確認。その後、患者のiPS細胞を分化させ、数多くの化合物との反応を確かめながら、治療薬の候補を探した結果、FOPの進行を遅らせる候補薬に辿り着いた。今回の治験は、免疫抑制剤「ラパマイシン」を使い、京大医学部付属病院などで行われる。

 なお、遺伝子変異によって筋肉や腱などに骨の組織ができ、関節や筋肉が動きにくくなるFOPの発症率は、200万人に1人。国内の患者は約80人とされるが、有効な治療法はない。

ゲノム医療の強力な追い風になる創薬と再生医療

 このようなiPS細胞を活用した創薬のハードルは決して低くない。だが、創薬も再生医療も、目まぐるしく進化を遂げている。

 たとえば、岡山大学の妹尾昌治教授(生物工学)のチームは、がん細胞を生み出すもとになる「がん幹細胞」が、がんが成長するのに必要な血管も作り出している事実をマウスのiPS細胞を使って突き止めた。

 京都大医学研究科の大塚篤司医師らのグループは、難治性のがんである血管肉腫に新薬「オプジーボ(ニボルマブ)」のような「抗PD-1抗体」が治療薬として有望である事実を発見している。

 また京都大学は、再生医療に用いる胚性幹細胞(ES細胞)の作製が文部科学省と厚生労働省に初めて認められたと発表し、ES細胞を備蓄するストック事業を始動した。

 さらに、iPS細胞の関連事業を手掛けるiPSポータル(京都市上京区)は、神経系疾患にかかった複数の患者の血液で作製したiPS細胞を製薬会社などに提供する、国内初の「疾患iPSパネル」事業を立ち上げている。

 このような官産学を超えたダイナミックかつインタラクティブな事業展開は、創薬と再生医療が支える「ゲノム医療」の強力な追い風になっている。希少がん、希少難病への果敢な挑戦は続く。
(文=編集部)