ブレーズ・マテュイディ【写真:Getty Images】

写真拡大

 ユベントスは現地時間18日、パリ・サンジェルマンからMFブレーズ・マテュイディを獲得したことを発表した。

 ユベントスは今夏、中盤の補強を目指していた。そこで複数の候補が挙がっていたが、最終的には昨年夏にも獲得の噂があった30歳のマテュイディに決まっている。

 マテュイディを獲得するため、ユベントスは2000万ユーロ(約26億円)の移籍金を支払う。さらに、今後の活躍次第で最大1050万ユーロ(約13億5000万円)を上乗せするという条件だ。選手本人との契約は2020年までの3年間と発表された。

 2011年からパリ・サンジェルマンでプレーしてきたフランス代表のマテュイディは、30歳にして初の国外挑戦だ。

text by 編集部