開幕戦ゴールのレスター岡崎、英紙が2戦連続先発予想 本拠地で今季初勝利なるか

写真拡大

第2節本拠地ブライトン戦、岡崎はヴァーディと縦関係の2トップか

 レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司はプレミアリーグ開幕戦のアーセナル戦(3-4)に続き、第2節の本拠地ブライトン戦も先発する可能性が高まっている。

 英紙「ガーディアン」は試合の予想先発を公開。岡崎はイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディとの縦関係2トップでスタメン出場すると予想された。そのほか、守護神GKカスパー・シュマイケルを筆頭に、DFラインは右からダニー・シンプソン、ウェズ・モーガン、ハリー・マグワイア、クリスティアン・フクス、ダブルボランチにMFマッティ・ジェームズ、ウィルフレッド・エンディディ、右MFマーク・オルブライトン、左MFリヤド・マフレズが入ると見られている。

 岡崎とポジションを争うと見られる新加入FWケレチ・イヘアナチョはかかとの負傷により、メンバーに入ってもベンチスタートが濃厚のとなっている。レスターではMFダニー・ドリンクウォーター、DFロベルト・フート、MFビセンテ・イボーラ、MFナンパリス・メンディが負傷により欠場が確実となっている。

 開幕戦でチームの今季初ゴールを挙げた岡崎には2試合連続ゴールの期待もかかる。本拠地キングパワー・スタジアムで今季初勝利を目指す一戦で、再び期待に応えることができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images