フィリッペ・コウチーニョ【写真:Getty Images】

写真拡大

 リバプールがMFフィリッペ・コウチーニョに対するバルセロナのオファーをまたしても断ったようだ。英『スカイ・スポーツ』など複数メディアが伝えている。

 バルセロナはコウチーニョの獲得に力を注いでいるが、リバプールはこれまでに2回オファーを断ってきた。3度目のオファーは、9000万ユーロ+インセンティブ4000万ユーロで総額1億3000万ユーロ(約167億円)まで上昇したが、リバプールの返答は変わらなかった模様だ。

 コウチーニョは今月11日、リバプールにトランスファーリクエストを提出したことが伝えられている。それでもクラブは同選手を手放す意思がなく、現時点で高額オファーにも揺らいでいない。

 バルセロナはさらにオファーを引き上げるのだろうか。コウチーニョの去就はまだまだ注目を集めそうだ。

text by 編集部