モウリーニョ監督、4人目不在でも「大丈夫だ、問題ない」

写真拡大

『Daily Mail』は18日、「マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、4人目の補強が行われない可能性を認めた」と報じた。

ここまでヴィクトル・リンデレフ、ロメル・ルカク、ネマニャ・マティッチを獲得してきたユナイテッド。しかしモウリーニョ監督は当初から「4人」の補強を要求していたという。

それはサイドの選手、もしかしたらイヴァン・ペリシッチなのではないかと言われているが、具体的な動きには繋がっていない。

モウリーニョ監督はその件について以下のように話し、4人目が来ない可能性は理解していると語った。

ジョゼ・モウリーニョ

(「4人目」の獲得については?)

「私はそうなるとは思わないね。何かが起きない限り、マーケットに再び乗り出していくことはないだろう。

私は副会長のエド・ウッドワードにプランを提示した。それは4名の補強だった。しかし、冷静にやっていくようにとも伝えた。

こちらからの圧力はないよ。クラブにとって最高のものだと考えられることをやってくれればいいと。

我々はまた1月のマーケット、来年夏のマーケットでともに働くが、そこでも私からのプレッシャーはないよ。

私はこのスカッドに満足している。4人目がいなくても準備はできている。もしもうマーケットから離脱してもね。

大丈夫だ。問題ない」