【激安】本当にお得か? 秋葉原にできたワンコイン500円の激ウマうな丼専門店に行ってみた

写真拡大 (全15枚)

うなぎといえばスタミナをつけたいときに食べるイメージの強い料理のひとつですよね。ふわふわの身を強火でしっかり焼き上げ、甘いタレをたっぷりとかけたうなぎはまさに絶品。暑い季節に食べたくなる一品です。



うなぎは高級料理



しかしうなぎは高級料理というイメージが強いですよね。うなぎ料理専門店でうな丼やうな重を食べれば1食で数千円するのは当たり前。中国産の安価なうなぎが普及し、シーズンには吉野家などの牛丼チェーンなどでも食べられるようになりましたが、それでも牛丼と比べると圧倒的に高くなっています。

ワンコインのうな丼屋が登場



ところが、うな丼をなんとワンコインで食べられるお店、つまり1杯500円という破格でうな丼を食べられる店が東京・秋葉原にオープンしたという情報を入手! 高級料理のうなぎをたったの500円で食べられるなんて信じられません。

もしかしたらとんでもなく小さなうなぎかもしれませんし、ペラペラに薄いうなぎを使っているのかもしれません。これは実際に確かめてみるしかありませんね!



秋葉原の「うなどん丼」



というわけでやって来たのは「うなどん丼」というお店。秋葉原駅から歩ける距離ですが、最寄り駅は東京メトロの末広町駅になりますね。



本当に500円だった



そして店の入口にはドーンと大きく「ワンコインうな丼」の写真が……! 本当にうな丼が500円なのか……!!



しかも毎月10日は「どん丼の日」と称して、なんとワンコインうな丼が390円に値下げされるというのです。牛丼並みの値段でうな丼が食べられるなんて……。ほんとにこれうなぎなのかよ!?



500円で販売されていることは紛れもない事実でしたが、こうなるととにかく気になるのは商品のクオリティ。店頭の食券機でワンコインうな丼の食券を購入し、早速店内へと足を踏み入れました。

どんなうな丼が出てくるのか……



店員さんに食券を渡して着席し、壁に掲示されたメニューや注意書きなどを読みながら待機します。注文して瞬時に提供されてくるわけではなかったので、うなぎを作り置きしているわけではなく、提供前にしっかりと焼き上げているようです。

ちなみに店内にはカウンターとテーブル席がありましたが、お持ち帰りのサービスも行っているようですね。

いよいよワンコインうな丼が登場!



そして待機すること数分。いよいよ「お待たせしました〜!」とワンコインうな丼が目の前に運ばれてきました……!



ババァァァーーーンッ!!



……どんぶりに盛られたご飯のおよそ3分の1を覆ううなぎ。うな丼といえばどんぶり全体を覆うようにうなぎが乗っているイメージがあるため、ちょっと寂しい感があるのは否めません。さすがにワンコインとなると仕方のないところでしょうか……。

量は少ないがウマそう



しかし大きさには寂しさがあるものの、うなぎそのものは厚みもあり、なんともウマそうに焼けています。





たとえうなぎのサイズが寂しくても、その分味がしっかりしていれば文句は何もありません。「うなどん丼」自慢の特製タレをたっぷりかけて、早速食べてみることにしましょう……!







ワンコインとは思えないウマさ!



うわあああああああああああああああっ!! ウメエェェェェェーーーーーッ!!
うなぎはふっくらと柔らかく、口に含んだ瞬間に広がってくる香ばしさも抜群ですし、タレもマジで激ウマ!

うなぎのタレというと甘味の強いイメージがありますが、「うなどん丼」のタレは比較的辛めに仕立てられています。どうやら創業者が全国のうなぎを食べ歩いて研究を重ね、その末に生み出された黄金比なのだとか。これ、ワンコインうな丼でするレベルのこだわりじゃないだろ……。



一瞬で食べ終えてしまった



量が多くないというのももちろん大きな要因ですが、あまりにもウマイのであっという間に一杯を平らげてしまいました。これでワンコインなら文句などまったくありません。値段が安くて味のクオリティも下がるよりはよっぽどマシでしょう。安いので量が物足りなければもう一杯食べちゃったっていいのですから。



しかも5杯食べれば1杯無料!



しかも食後にはポイントカードがプレゼントされるのですが、これの還元率もすごい。1杯食べるとスタンプを1個押してもらえて、スタンプが5個貯まればなんとワンコインうな丼が1杯無料に!

5杯食べるだけで1杯無料になるのですから、実質1杯400円近いということになりますね。いくらなんでもお得すぎる……。

これから全国展開されるかも?



現在「うなどん丼」は東京の秋葉原と神保町の2店舗のみですが、これから積極的に店舗展開をしていくとの噂。もしかしたらあなたの街にも「うなどん丼」が出店されるかもしれません。今からぜひチェックしてみてくださいね。

■執筆・監修:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/