皆さんは正しい靴の選び方を知っていますか? 足は第2の心臓と言われる大切な部位。自分のサイズに合わない靴は、疲れやすくなったり足の形が変形してしまう原因となります。足に負荷をかけないためにも、日頃から正しい靴選びを心がけることが大切です。今回は、きちんと知っておきたい「靴選びの基本」についてご紹介します。

【靴選びの基本】足の役割とは?

足は大小28個の骨、筋肉や神経などからできています。私たちの体は、この複雑な構造によって立ったり歩いたりすることができます。

また足は「第2の心臓」とも言われ、血液を心臓に戻すポンプの役割もあります。心臓や脳から遠い位置にある足は、血液が心臓に戻りにくいのですが、地面を踏んだり足を上げるときに筋肉が収縮したり緩むことによって、血液を心臓に押し上げてくれるのです。

足に合わない靴を履き続けるとどうなるの?

足のサイズに合わない靴は、歩きにくく疲れを感じやすくなります。また外反母趾やタコができるなど足を痛める原因になったり、足の形が変形してしまうことも。

足だけでなく、全身にも影響が出ることもあります。足元のバランスがよくないと、血液の流れが滞ったり、身体のバランスが歪んでしまうこともあるそうです。

靴選びの基本とは?

【ポイント1】かかと

かかとは足の土台です。かかとがパカパカ脱げてしまう靴は、不安定になりやすいので避けましょう。かかと部分が柔らかすぎず、適度に固さがあり、かかとになるべく隙間のないものを選びましょう。

【ポイント2】つま先

足の甲まわりを靴がしっかり押さえてくれると、足と靴の一体感が増します。履き心地の良いものは、靴が軽く感じられて無駄な動きが少なくなります。つま先部分は、なるべく隙間がなくピッタリした靴を選びましょう。甲に合わせて調整できる紐付きタイプもオススメです。

ただし、革素材は履き込むことによって素材が伸びるため、購入時は「もう少し余裕があってもいいかな?」と思うくらいが良いそうです。ただ、馴染み方は靴の形や素材によって異なるので、目安として覚えておきましょう。

【ポイント3】足幅

ほとんどの人が、自分の足幅よりも大きい靴を履いていることが多いそうです。親指と小指の付け根の部分に靴が当たらないくらいだと、逆にタコや靴ずれの原因となります。自分の足幅に合った靴を選びましょう。

【ポイント4】靴のサイズ

自分の足の長さよりも0.5cm〜1cmの余裕を持った靴がよいそうです。ただし、あまりにも余裕がある靴は避けましょう。実際の靴の長さは各メーカーによって異なるので、試し履きをしてみましょう。靴の中敷を取り出して自分の足を置いてみて、サイズを確認してみましょう。

【ポイント5】つま先の形

足のつま先の形も人によって異なります。
つま先の形は大きく3つに分けられ、それらに合った靴の形を選ぶこともポイントです。

親指が一番長いタイプを「エジプト型」
人差し指が一番長いタイプを「ギリシャ型」
足の指の長さがほとんど同じタイプを「スクウェア型」と言います。

日本人の多くは「エジプト」型だそうです。

●エジプト型
このタイプは、「オブリークトゥ」と呼ばれる靴の親指部分が一番長く、小指にいくにしたがって短くなるカーブの形が合うそうです。

●ギリシャ型
このタイプは靴のつま先部分に丸みのある「ラウンドトゥ」タイプが合うそうです。

●スクウェア型
このタイプは、靴のつま先部分が四角い形になっている「スクウェア(フレンチ)トゥ」タイプが合うそうです。

おわりに

足は、私たちが歩いたり動くために大切な部位です。合わないサイズの靴は、足だけでなく全身に影響を及ぼすことにもなりかねません。靴選びの基本を理解して、正しいサイズの靴を選んでくださいね。

参考:NPOオーソティックスソサエティ「良い靴の選び方・履き方」

東京ガス「ウチコト」

東京ガス「ウチコト」は、家事(ウチのコト)で役立つちょっとしたコトをお届けしています。料理、洗濯、掃除、子育て、省エネ等、お家に役立つコト&コツが満載です。 ⇒http://tg-uchi.jp/