フィンランド南西部トゥルクで起きた襲撃事件の現場に出動した警察と救助隊。インスタグラムのアカウント「BernatMajo」より。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新)フィンランド南西部トゥルク(Turku)中心部にある広場で18日、通行人らが何者かに刃物で刺され、2人が死亡、6人が負傷した。警察が発表した。警官が容疑者1人を拘束したが、さらに容疑者数人が逃走中の恐れがあるという。

 警察はツイッター(Twitter)への投稿で「刺傷事件の犠牲者は8人。2人が死亡し、6人が負傷した」と発表。警察は容疑者1人の脚を撃ち、身柄を拘束した。治安当局はツイッター投稿で、警察は現在も「犯行に及んだ可能性のある複数の人物を捜索中」であるとし、トゥルク中心部には近づかないように呼び掛けた。

 犯行の動機は今のところ不明。
【翻訳編集】AFPBB News