「17-18リーガ開幕!今季見るべき注目選手はこいつらだ」

写真拡大 (全6枚)

いよいよ今週開幕を迎えるリーガ・エスパニョーラ。ここでは今季注目すべき選手たちを紹介する。

マルコ・アセンシオ(レアル・マドリーMF)

国籍:スペイン

年齢:1996年生まれ21歳

あのデル・ボスケも惚れ込むスペイン期待の逸材。マドリーのトップチーム入りした昨季は途中出場からインパクトあるプレーを何度も披露した。

世界屈指の選手たちが揃うチームだが、実力的にはスタメンで起用されても何の遜色もない。むしろファンはそれを願っているはずだが…。

ちなみに、マジョルカでは家長昭博とも一緒にプレーした経験がある。家長によれば、当時高校生だったアセンシオは、いい意味での「サッカー馬鹿」だったそう。

柴崎 岳(ヘタフェMF)

国籍:日本

年齢:1992年生まれ25歳

昨年末のクラブW杯で名をあげた後、2部テネリフェへ加入。当初は体調不良に苦しんだが、その後は確かな技術と戦術眼で欠かせぬ戦力に。

プレーオフでも存在感を発揮すると、対戦相手だったヘタフェへ移籍。念願だったプリメーラ参戦を果たした。

ヘタフェのホセ・ボルダラス・ヒメネス監督も「彼はオフザボールもいい」とセンスを評価しているようで、スタメン起用に期待。

乾 貴士(エイバルMF)

国籍:日本

年齢:1988年生まれ29歳

スペイン国王の来日にあわせて招待を受けるなど、日本におけるリーガの“顔”。

参戦2年目だった昨季は28試合に出場。レギュラー争いで揉まれつつ、バルセロナとの最終戦では衝撃の2ゴールを決めた。

相方だった左SBのルナはレバンテに移籍したが、かつての逸材ホセ・アンヘルが新たに加わった。彼と良好なコンビを築ければ、攻撃面ではおもしろいかもしれない。

マウリシオ・レモス(ラス・パルマスDF)

国籍:ウルグアイ

年齢:1995年生まれ21歳

ウルグアイのU-23代表経験を持つCB。かつてはFW登録&アフロヘアだったりしたが、守備は堅実!

リーガ2年目だった昨季はDFながら、なんとチーム3位タイとなる5ゴールをマークした。

実はCBでありながらも、プレースキックを得意とするフリーキッカーなのだ。そのため、メキシコの伝説ラファ・マルケスと比較されることも。

本人曰く、初めてフリーキックを決めた際には自宅に帰って20万回も動画を見直したとか。

ちなみに、幼少期のアイドルはディエゴ・フォルランとパブロ・ベンゴエチェアとどちらも攻撃が売りだった選手。DFなのにフリーキックが上手いお団子ヘアなレモスに注目だ!

パブロ・フォルナルス(ビジャレアルMF)

国籍:スペイン

年齢:1996年生まれ21歳

すでにスペイン代表経験もあり、国内で最も期待される若手のひとり。

レアル・マドリー戦でリーガデビューすると、インテリジェンスとクオリティが高く評価された。そのアタッキングセンスとテクニックはすでにリーガの舞台で証明済みだ。

マラガのカンテラが輩出した“最新作”だったのだが、今夏1200万ユーロ(15.5億円)のリリース条項を自ら支払ってビジャレアルへ移籍。彼にとってビジャレアルは2008年までカンテラで過ごした古巣でもある。