18日、韓国・ノーカットニュースによると、韓国文化財庁が「失われた朝鮮王室の宝物が米国から返還された」と大々的に宣伝していた儀式用の印「徳宗御宝」が模造品であることが分かった。写真は朝鮮時代の王宮・景福宮。

写真拡大

2017年8月18日、韓国・ノーカットニュースによると、韓国文化財庁が「失われた朝鮮王室の宝物が米国から返還された」と大々的に宣伝していた儀式用の印「徳宗御宝」が模造品であることが分かった。

徳宗御宝は1471年、朝鮮第9代の成宗(ソンジョン)王が世子(王の跡継ぎ)の身分で早世した父・徳宗(トクジョン)に尊号を贈る意味で製作した儀式用の印だ。

文化財庁は2014年12月、「米国シアトル美術館から徳宗御宝を還収した」と発表、「国立文化財研究所が実態調査を行い、徳宗御宝が本物であることを確認した」と返還されたものが本物であることを強調していた。

しかしノーカットニュースがこのほど取材を行ったところ、文化財庁が還収した徳宗御宝は1471年に製作された本物ではなく、大韓帝国期の政治家・李完用(イ・ワニョン。1856〜1926)の次男が1924年に制作した模造品であることが明らかになった。李完用は日本統治時代に朝鮮総督府の要職に就くなど、韓国で代表的な親日派として知られる人物だ。

報道によると、徳宗御宝はすでに1924年には紛失しており、その事実が当時の新聞報道で確認できるものの、文化財庁はそのことを明らかにしないまま「本物が返還された」と発表していたことになる。本物の行方はいまだ不明の状態だ。

文化財庁は18日、徳宗御宝をマスコミに公開し、19日から国立古宮博物館で特別展示「再び取り戻した朝鮮王室の御宝」を開く予定だ。これまで1471年に製作された本物と発表されていた徳宗御宝は、今回の展示資料には「1924年再製作品」と記載されているという。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「本当に韓国にはまともなものが何もない」「偽物でも展示するの?」「公務員の無能さと腐敗はとどまるところを知らない」「責任の所在をはっきりさせろ」「文化財庁はちゃんと仕事をしているのか?」など、行政・公務員への批判の声が多く寄せられた。

また、「本物はどこだ?日本にあったりして」と、本物の所在に言及する声もあった。(翻訳・編集/三田)