アーセナルがユリアン・ドラクスラー獲得に興味

写真拡大

 アーセナルがパリSGに所属するドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー(23)獲得に興味を示しているようだ。英『タイムズ』が報じている。

 シャルケ育ちのドラクスラーはボルフスブルクを経て、今年1月にパリSGに加入。リーグ戦17試合に出場し、4得点をマークした。今夏はドイツ代表として出場したコンフェデレーションズ杯でキャプテンを務め、ドイツの初優勝に貢献。最優秀選手にも選出された。

 今シーズンの活躍も期待されたが、パリSGはバルセロナから史上最高額の移籍金でFWネイマールを獲得。さらに、モナコに所属するFWキリアン・ムバッペ獲得にも動いており、実現すればポジション争いの激化は避けられない。

 そんな中、人員整理が優先と語っていたアーセン・ベンゲル監督率いるアーセナルが、ドラクスラー獲得に向けて3200万ポンド(約45億円)を準備。以前、ドラクスラーは「彼と毎日一緒にプレーしたいね」と代表でチームメイトのMFメスト・エジルとの共演を熱望していた。


●プレミアリーグ2017-18特集

●欧州移籍情報2017-18