ラツィオ、スーペル・コッパを優勝した2017-18新ユニフォーム!

写真拡大 (全7枚)

13日にスタディオ・オリンピコで行われたスーペル・コッパでユヴェントスを下し、2009年以来となるタイトルを手にしたラツィオ。

この試合では新しいホームユニフォームを着用。アディショナルタイムの決勝点という劇的な勝利で、リーグ開幕に向けて好スタートを切った。

2017-18シーズン用のユニフォームは、7月11日にホームユニフォームとアウェイユニフォームを、20日にサードユニフォームをそれぞれ発表している。

Lazio 2017-18 Macron Home

新ホームユニフォームの注目点は左胸のエンブレムで、1980年代に一時期使用していた「六角形にイーグル」というデザインが復活した。

掲載画像には無いが、胸のスポンサーは“Sèleco”で継続している。80年代の六角形エンブレム時代も同社がスポンサーだった。

ブルーをベースにホワイトでアクセントをつけた、ラツィオの伝統的なカラーリング。首周りはクルーネックを採用している。

背面首元には“SS LAZIO”のエンボスプリントが入っている。

Lazio 2017-18 Macron Away

アウェイユニフォームは、ブルーとホワイトの懐かしいストライプ柄が復活。90年代後半の黄金期に採用されていたデザインで、リーグやコッパ・イタリアなどのタイトルを獲得した。

このユニフォームでは、エンブレムは通常のタイプを使用している。

ホームユニフォームと同様に、胸のスポンサーは“Sèleco”が付く。背面首元にはチーム名のエンボスプリント入り。

Lazio 2017-18 Macron Third

ラツィオでは比較的珍しい、パープルに近いダークブルーを採用。エンブレムは通常タイプを使用し、首周りは切り込みが入ったキーネック仕様となっている。

右胸のMacronロゴと両袖のMacronマークにはチームカラーのブルーを配し、ラツィオらしさを残している。

上から下にかけてのグラデーションが特徴で、裾部分はかなり濃いブルー。背面の首元にはチーム名のエンボスプリントが入っている。

新加入のルーカス・レイヴァもまずまずのパフォーマンスを披露し、2009年以来のスーペル・コッパを獲得。良い雰囲気のままセリエAの開幕を迎える。