頬を触るのは”焦ってる”証拠!?「手の仕草」で分かる彼のホンネ

写真拡大

久しぶりに彼と会って話したら、なんだかちょっと落ち着きがない様子。
しきりに頬や顔を触ったり、額を手でこすったり……。

「なんか変だな?」
この感覚は実は当たっているんです。

「目は口ほどにものを言う」ならぬ「手は口ほどにものを言う」。
「なにも変わったことはないよ」なんて口で言っていても、実は手は「そうじゃない!」と語っているんです。

●私たちは無意識のうちにノンバーバル行動をしています

言葉に出さなくても、身振り手振りで感情を伝えることを、ノンバーバル行動というそうです。
身振り手振りを行うことで、言葉にしきれない部分を行動で補っているのです。
中でも、この行動は不快感を覚えた時に自然と出てしまうことが多いのだとか。

ストレスを抱いた脳は、通常の状態に戻るために気を静める行動をとるように、体に命令します。
これを読み解けば、彼が今なにを考えているか分かります。
では、具体的にどんな行動が何を示しているのか見ていきましょう。

顔に手が伸びる→後ろめたさがある
喉に手を当てる→嘘をついている
頬を触る→苦しい時や焦っているとき

彼の浮気が気になっている方や、気になることがある方は、彼の目をじっと見て質問してみてください。
その際に注目すべきなのは、言葉よりも行動。
「浮気してる?」と聞いて、「してるわけないだろ」と言いながら顔を触った場合は、かなり危険な兆候です。

耳を触る、頬を触る、鼻をこする、などの癖は緊張しているときに出るものということを覚えておけば、グッドです。

逆に、女性の頬を触ってくる男性の心理はというと緊張の真逆。
キスをしたいと思っているサイン なのだそうです。
キスをしたいけど、タイミングがつかめないと思っている男性は彼女の頬に触れて、気持ちをたしかめようとするのだとか。

「私のこと好き?」と聞いたとき、彼が自分の頬ではなく、あなたの頬に触れたら……、その恋はきっとうまくいくはずです。

【参考文献】
『植木理恵の行動心理学入門』植木理恵・著(宝島社)

●ライター/白鳥カヨ(ホラー小説家)