韓米は21日から合同演習を実施する=(聯合ニュースTV)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は18日、韓米合同指揮所演習「乙支フリーダムガーディアン」(UFG)を21〜31日に実施すると発表した。

 今年は韓国軍から約5万人が参加する。米兵力は海外からの3000人を合わせ1万7500人が参加するが、昨年に比べ7500人減った。

 米兵力の減少で演習の規模が縮小されるのではないかとの見方も出ているが、国防部は「演習規模の調整を検討したことはない」と強調した。

 韓国軍合同参謀本部の関係者も「今年は昨年と同水準の規模で実施される」と話している。

 国防部は同演習について、計画、準備、実施の全段階で透明性が保障されており、朝鮮戦争休戦協定の履行を監督する中立国監視委員会が参観すると説明した。

 また、国連軍司令部に戦力を提供するオーストラリア、カナダ、コロンビア、デンマーク、ニュージーランド、オランダ、英国の7カ国も参観する予定だ。