ドルトムント監督、不満分子デンベレの移籍騒動に困惑 「結末は想像もつかない」

写真拡大

ボス監督が会見に出席、無断欠席したデンベレに質問

 ドルトムントのペーター・ボス監督は、バルセロナ移籍を強行するためにチーム練習無断欠席が続くフランス代表FWウスマン・デンベレの去就騒動に困惑を示している。

 ドルトムントは19日に敵地フォルクスワーゲン・アレナでブンデスリーガ開幕戦を迎えるなか、ボス監督が記者会見に出席。そこではバルサ移籍を強行するために、チーム練習を無断欠席したデンベレに質問が寄せられている。無期限の活動停止処分を受けているデンベレについての質問が新監督に記者会見で寄せられた。

「まずはヴォルフスブルク戦に勝利したいと考えている。シーズン全体の目標は以前話したことに変わりはない。チャンピオンズリーグ出場権の獲得が重要だ。今季、参戦するCL(チャンピオンズ・リーグ)についてはウィンタブレーク以降も勝ち進む。ポカールについてもできるだけ勝ち星を重ねる。それがシーズンの目標だ」

 今季オランダ名門アヤックスからやってきた新監督は新シーズンについてこう抱負を語った。だが、報道陣が知りたいのは不満分子と化したデンベレの去就問題だった。

「私はここにいる選手たちに完全に集中している。現時点でデンベレはその中の1人ではない。どういう結末になるのか、私には全く想像もつかない。数日待つしかない。自分ができるのは出場可能なメンバーに集中することが私の仕事だ」

「ウスマンは良い青年で、良い選手」

 困惑を隠せないボス監督は、「ウスマンは良い青年で、良い選手なので、(残留の場合には)彼をいかにチームに再び適応させるか考えたい」とも語っていた。

 現在、母国フランスに引っ越したとも報じられているデンベレについてドイツ地元紙「ルール・ナハリヒテン」では、チームメートの「エゴイストで自己中心的」「社会性ゼロ」という怒りの言葉を伝えていた。

 指揮官も戸惑いを隠せない神童の去就問題はどんな結末を見るのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images