18年前に母親を亡くしたという女性、R1A (@922_riaru)さんは、父親のある行動について、ずっと思うところがありました。

それは、ボロボロになっても同じ服を直して着続けていること。

ダサい。新しい服を買えばいいじゃん。

父親に対し、そう思っていたそうです。

しかし、最近になって父親が同じ服を着続ける理由を知り、納得。その理由をTwitterに投稿したところ、多くの人の涙を誘いました。

父親がこだわり続けた服は、大切な『思い出の品』だったのです。

父親のいつもの服は、いまは亡き奥さんと、新婚旅行中におそろいで着ていたもの。

亡くなった奥さんとの思い出を忘れずに、おそろいの服を着続けた父親。

投稿者さんによると、父親は奥さんを亡くして以来、「子どものために再婚は考えられなかった」と語っていたそうです。

父親の一途な思いに涙した人たちがコメントを寄せました。

理由を知って感動しました。こんな人になれる日が、俺にくるのだろうか。心にしみました。不倫などの報道がされる昨今、誠実な人柄にジーンとしてしまいました。泣きました。奥さんへの感謝があるのでしょうね。お父さんは硬派ですね。素晴らしい。

長年着ている服に込められた、父親の深い愛情。こういう人を「本当にかっこいい男性」と呼ぶのかもしれませんね。

[文・構成/grape編集部]