【インタビュー】千歌繚乱出演バンド・ヴァージュ、目指すは雲の上の存在

写真拡大

<千歌繚乱vol.13>に出演するヴァージュは、2017年に始動したばかりのバンドだ。透明感ある遼(Vo)の歌声と妖しくも美しい雰囲気を纏った彼らは、まさにヴィジュアル系バンドのイメージそのもの。BARKSでは彼らに7月26日(水)にリリースされたばかりの最新シングルについてと、今後の目標についてインタビューを敢行した。

◆アーティスト写真・試聴映像

※本記事は8月29日(火)に渋谷REXで開催される<千歌繚乱vol.13>において、来場者限定で配布される「千歌繚乱 ARTIST BOOK」掲載のインタビューの一部を事前に公開するもの。「千歌繚乱 ARTIST BOOK」ではメンバーへの一問一答アンケートなど、より深い内容が掲載されている。

   ◆   ◆   ◆

■一昔前のヴィジュアル系の要素を取り入れた、少し懐かしいようなメロディ

――もともとみなさんは昨年まで別々のバンドで活動されていましたね。

遼(Vo):はい、僕以外の三人が同じバンド、僕は別のバンドで活動していました。当時はお互いのバンドで2マンライブをしたり、何度も一緒にイベント出たりとか親交が深かったんですよね。

紫月(G):でもそれより前に僕と遼、沁の三人が出会っていて。もう五年前くらいになるかな? 一回三人でバンドを組もうって話をしていたんですが叶わなくて。五年越しにその願いが叶ったんです。

――三人で5月にヴァージュを始動させ、8月6日の<ヴァージュ主催公演「置き去りにされた赤い長靴」>で或さんの加入が発表されたんですよね。

沁(B):はい、或とはもともと同じバンドでリズム隊として組んでいたので彼のセンスは信頼していますし、ここでヴァージュという形が完成されました。

――或さんはどんなきっかけでヴァージュに加入したんですか?

或(Dr):前のバンドが解散してから、バンドをするかしないか悶々としている時に一度ヴァージュとスタジオに入ったんです。そしてその日に加入が決まったんですけど、それぐらいの何かをメンバーから感じ取りましたね。相変わらずのメンバーの居心地の良さにも安心します、良くも悪くも(笑)。

――息の合ったメンバーが揃い、新体制のヴァージュの始動というわけですね。ちなみにヴァージュのバンドコンセプトは?

遼:特にないんですよね(笑)。

沁:ガチガチなコンセプトはないです。それぞれ前のバンドでは神聖なイメージを大事にしていたんですが、今回は人間味を出して行こうかと。

――自分たちの一番の魅力は何でしょうか。

紫月:みんなの発想力。「ここでこの音を入れる!?」みたいな。

沁:メンバー全員、持ってる引き出しが全然違うから、それが混ざったときの化学反応がすごいよね。

或:メロディーの強みですかねぇ。暗い雰囲気からパッと開ける感じが癖になります。

紫月:あと、遼の声は特徴的だと思います。見た目のイメージと違って声が高くて、それがいい味になってます。

――楽曲制作のこだわりは?

遼:一昔前のヴィジュアル系の要素を取り入れて、少し懐かしいようなメロディを作ることです。」

紫月:ギターはちょくちょく変わったフレーズを入れるところですかね! 遼も沁もギターを弾くので、みんなで試行錯誤しながらフレーズを作っています。

沁:毎回新鮮なものを求めて曲を作っていますね。

或:演奏してても聴いてても楽しいドラムプレイを心がけています。

――みなさんの音楽のルーツはやはりヴィジュアル系なのでしょうか。

沁:僕はL'Arc〜en〜Cielさんが好きで。ヴィジュアル系も好きだけど、どちらかというとロック寄りのヴィジュアル系バンドが好きですね。

遼 :僕はヴィドールさんですね。ヴィドールの曲はメロディがすごく独特で。

或:子どもの頃に見たDIR EN GREYさんが衝撃でした。俺もそんな風になれたらなぁ。

紫月:俺はEXILEとかJ-POPがルーツです。7月26日にリリースした最新シングルに入っている「凶夢」も、実はORANGE RANGEさんからインスピレーションを受けて作ったんですよね。

――え、それは意外でした!

紫月:「パリピ曲ができた!」って2人に持っていったんですが、ヴァージュはパリピじゃないって否定されて…。で、みんなでアイディア出して完成させたらこんな形に仕上がりました(笑)。

沁:原曲とぜんぜん違うよね(笑)。

――「凶夢」を聴かせていただきましたが、確かにパリピ感はないですね。

遼:こんな世の中は嫌だ、死にたくなる、というようなイメージで歌詞を書きましたし、歌詞カードも漢字と片仮名だけで。紫月が最初に考えてたイメージとは真逆になってると思います。生きることに疲れた時に聴いてください。

――この曲はリズムが独特な印象です。

或:自然に体が動くリズムを大事にしました。途中のベースソロのとこのドラムは沁と擦り合わせたけど、とっても楽しかったです。

――ベースもスラップですか?

沁:そうなんですよ、ずっとスラップなので結構大変です(笑)。それに唯一ベースソロがある楽曲なので、僕の見せ場が多い曲かも。

■ヴィジュアル系バンドは化粧するからこそ世界観や独特な雰囲気を出せる

――「凶夢」が収録されているシングル「不透明な雨」は、一言でいうとどんな作品に仕上がりましたか。

遼:ドロドロ、暗い、ホラーなコンセプトシングルになりました。

沁:いろんな雰囲気の楽曲を詰め込んだファーストミニアルバム『UTOPIA』とはがらっと雰囲気が変わりましたね。

――表題曲の「止マヌ雨」について聞かせてください。

遼:この曲は誘拐事件をモチーフに歌詞を書いていて。実は自分の知らないとこで起きちゃいけない事件が起きている、そういうストーリーになっています。悲しい曲だけど、色々なことを考えさせられる曲だと思うので、ぜひ目を瞑って歌詞を聴いて情景を味わって欲しいです。

紫月:ポイントは曲の最後。アウトロにホラーなギミックを入れているので、一曲通して聴くと曲の持つ陰鬱な怖さを感じてもらえると思います。サウンド的には重さにこだわりました。

――もうライブでは披露されているとか。

沁:ライブ向けの曲なので、お客さんの反応も良いですね。

紫月:とにかくかっこいい曲になりました!

――ミュージックビデオを作る予定は?

遼:実はもう撮影してて。

――お、どんな映像になりましたか。

紫月:ありがちなかっこつけたミュージックビデオじゃなくて、みんなどろどろになってぐっちゃぐちゃになりました(笑)。楽しみにしててください。

――ちなみにみなさんはヴィジュアル系の魅力はどこだと思いますか?

遼:違う自分になれるところかな。メイクしてステージに立つと全く別の人格になれます。

紫月:確かに遼はギャップがすごい(笑)。僕は基本的に元気で明るいんですけど、実は心で思っていることを言えないタイプ。ムカつくことや悲しいことがあっても外には出さないんですけど、ヴィジュアル系バンドは普段隠している自分の感情を吐き出しやすい場所だなと思っています。

沁:僕は普段もステージもそんなに変わらないんですけど、やっぱりヴィジュアル系バンドは化粧するからこそ世界観や独特な雰囲気を出せるところが魅力だと思いますね。

或:何より現実離れしているところ。ライブに行ったら全く別の空間に飛ばされる、そんなところに一瞬で魅了されました。

――確かにヴァージュさんの音楽はヴィジュアル系の世界観にマッチしていますね。このシーンで活動をして、最終的にどんな存在になりたいと考えていますか。

紫月:雲の上の存在になりたい。本来、ステージとフロアを仕切る柵を越えたらそこは別世界じゃないといけないと思うんだけど、最近その垣根がすごく低くなってると思う。僕はそうじゃなくて、あくまで別世界の人というか、崇められるようなアーティストになりたいですね。

沁:独特の世界観や雰囲気を作れるヴィジュアル系シーンで活動するからには、非日常的な空間に浸りたいと思った時に真っ先にヴァージュの名が上がるようになりたいです。

或:最終目標なんて決めたくないです。行けるとこまで全力で行くのみ。

遼:僕は昔からずっとヴィジュアル系が好きで聴いてきましたが、どんどん勢いが落ちてるなと感じています。時代だから仕方がないのかもしれないけど、勢いが落ちているのにはバンドマン側の意識の問題もあると思うんですよね。くだらないことも多いし。僕らが昔のようなヴィジュアル系シーンを取り戻せるような存在になりたいですね。

沁:ついこの間もこういう話したよね。やっぱ僕らはオーラを大切にしたい。私生活がわかんないくらいの存在になりたい。

紫月:最近バンドマンがSNSに食べたご飯載せたりするの多いけど、そういうのは絶対したくないなって。でも僕、メンバーの中で一番私生活がにじみ出てるっていうか…トイレ行かなさそうなイメージとかどうやったら作れるのかな(笑)。

――“身近なバンドマン”、ではなく“アーティスト”を目指していって欲しいです。最後にメッセージをください。

遼:ヴィジュアル系って偏見を持たれやすいけど、一度曲を聴いてみて欲しいです。

紫月:そうだね、気軽にヴァージュの音楽に触れて欲しい。

沁:ライブにもぜひ。10月21日には池袋BlackHoleにて<初単独公演「夜想」>も決定しています。

或:ヴァージュも勿論だけど、加入したばっかりの俺の事もあったかく迎えてね。

取材・文◎Yoko Hattori(BARKS)

<千歌繚乱vol.13>
日時:2017年6月20日(火)開場16:00 開演16:30
開催日時:2017年8月29日(火)開場17:00/開演17:30
出演:ヴァージュ/グリモア/シェルミィ/DIMLIM/MEIDARA/メリーバッドエンド
会場:渋谷REX
料金:【一般チケット】3,800円 【当日券】4,000円

※ご来場の方に出演バンドのインタビューが掲載された「千歌繚乱ARTIST BOOK」を差し上げます
※当日会場ではバンドのレアグッズが当たる「バンドくじ」企画実施
※その日のライブの写真がすぐに手に入る「ライブ写真即売会」開催

チケット受付:
7月19日(水)12:00〜8月28日(月)
チケット購入ページURL:
[イープラス]
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002231039P0030001